子宮性不妊の受診ガイドライン−子宮性不妊

子宮性不妊の受診ガイドライン−子宮性不妊

  • 2021-09-11 08:02:44
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮性不妊の紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 子宮性不妊検査、子宮性不妊診断
子宮性不妊受診コンパスは子宮性不妊患者が病院を受診する時に現れる疑問に対して解答を行い、例えば:子宮性不妊は何科の番号をかけますか?子宮性不妊検査前の注意点は?医者は普通何を聞きますか。子宮性不妊はどのような検査をしなければなりませんか?子宮性不妊検査の結果はどう見ますか?待ってくれ。子宮性不妊の受診ガイドラインは子宮性不妊患者の診察を便利にし、子宮性不妊患者の受診時の疑惑問題を解決することを目的とする。
典型的な症状
先天性無子宮、子宮痙攣性狭窄環、単または双角子宮
診療科の受診を勧める
生殖健康
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は2日、再診は1回1日を予約
再診頻度/診療期間
外来治療:毎週再診して白帯が安定した後、不調を伴う。重症者は入院治療で出血が消失した後外来治療に移る必要がある。
診察前の準備
特別な要求はなく、注意して休む。
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、白帯の増加、子宮の不規則な出血、腰の酸や腹部の膨満などの症状を伴うことがありますか?
4、不潔な性交歴はありますか?
5、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査結果は何ですか。
6、治療はどうでしたか?
7、薬物アレルギー歴はありますか?
重点点検項目
1.診断的掻爬
既婚女性に適用し、子宮腔の深さと幅、頸管または子宮腔の癒着の有無を調べる。子宮内膜を掻き取って病理学的検査を行い、子宮内膜の卵巣ホルモンに対する反応を理解することができ、また子宮内膜結核の診断を確定することができ、掻き取ったものは同時に結核菌の培養を行うことができる。
2.子宮卵管ヨウ素油造影
子宮腔の形態、大きさ及び卵管情況を調べ、生殖系統の発育不良、奇形、結核及び子宮腔癒着などの病変を診断する。
3.子宮鏡検査
直視下で子宮腔及び内膜を観察し、子宮腔癒着の有無、結核病変の疑いを診断するには、通常に材料を採取し、病理学検査に送るべきである。
4.薬物撤退試験
①プロゲステロン試験(プロゲステロン試験)。内因性エストロゲンのレベルを評価する簡単、快速な方法で、もしプロゲステロン試験で薬物を除去して出血しなければ、患者体内のエストロゲンのレベルが低下することを説明する。②エストロゲン試験。薬剤除去性出血がない場合、エストロゲン試験を繰り返すべきであり、もし出血がなければ、子宮内膜に欠陥があるか破壊され、子宮性閉経と診断できる。
5.超音波
①子宮の形状、位置、大きさを検査し、子宮の長さ、幅、厚さなどを測量し、子宮発育不良の程度と幼稚子宮かどうかを観察する。②子宮筋腫卵巣腫瘍、嚢胞性奇形腫などの腫瘍の有無を検査できる。③子宮奇形、例えば無子宮、痕迹子宮、双角子宮、単角子宮、残角子宮などは超音波検査で検査できる。④子宮内膜ポリープが認められる。
6.レントゲン写真
主に子宮筋腫に用いられる。筋腫の石灰化は、一様な斑点に散在するか、シェル様石灰化被膜、あるいは辺縁粗さと波状の蜂の巣様を呈する。
しんだんきじゅん
女性不妊診断は経前子宮内膜生検、基礎体温測定、膣脱落細胞塗抹および子宮頚粘検査などで、排卵の有無を検査し、子宮内膜結核を除外する。卵管通気、通液不通、ヨードオイル造影は卵管病変及び閉塞部位の女性不妊診断根拠を示すことができる。女性不妊の診断:出産年齢の女性、結婚後正常な性生活があり、避妊していない、同居2年不妊者は原発不妊である;妊娠したことがあるが、2年近く妊娠していない者は、続発性女性不妊と称する。女性を系統的に検査する前に、まず男性の生殖器と精液を検査しなければならず、これも女性不妊診断の根拠である。


  1. 子宮性不妊をどのように診断・鑑別するか−子宮性不妊は紛らわしい疾患
  2. 子宮性不妊の症状、子宮性不妊の初期症状、バイタルサイン
  3. 子宮性不妊の原因、子宮性不妊にはどのような原因があるのか
  4. 子宮性不妊の合併症、子宮性不妊はどんな病気を引き起こすのか
  5. 子宮性不妊治療法子宮性不妊治療法子宮性不妊治療法
分類

お問い合わせ