子宮性不妊を防ぐにはどうすればよいか、子宮性不妊のケアの取り組み

子宮性不妊を防ぐにはどうすればよいか、子宮性不妊のケアの取り組み

  • 2021-09-18 12:27:49
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮性不妊の原因、子宮性不妊にはどのような原因があるのか
  2. 子宮性不妊の症状、子宮性不妊の初期症状、バイタルサイン

子宮性不妊予防

子宮性不妊予防

1.出生前検査に力を入れる

定期的に出産前の検査を行うことは母子の安全の重要な保障であり、そうでないと難産子宮破裂などの重大な結果を招く可能性がある。

2.複数妊娠を避ける

妊娠が増えるごとに、子宮にリスクが増える。3回以上妊娠すると、子宮罹患や病変の可能性が高くなる。

3.性生活の健康を重視する

性生活において衛生を重視しないと、細菌は経膣を通じて子宮腔に入りやすく、子宮内膜感染を引き起こす。性生活を始めるのが早すぎたり、性生活を放縦にしたりすることは、女性の心身の健康に悪影響を及ぼす。多くの子宮頸部糜爛子宮頸癌はこのようにして発生する。また、男性の包皮垢の子宮頸部への刺激も女性の子宮頸癌を引き起こす要因の一つである。

4.人工妊娠中絶の繰り返しを避ける

若い女性は人工妊娠中絶を繰り返しており、中絶のたびに子宮内膜が薄くなり、骨盤炎や卵管の詰まりなどを引き起こし、ひどい場合は不妊にもつながる。一方、短期間に人工妊娠中絶を繰り返すことによる子宮への損害はさらに大きい。無断中絶はまた、子宮破損や二次感染の原因にもなりやすい。

  1. 子宮性不妊の受診ガイドライン−子宮性不妊
  2. 子宮性不妊の合併症、子宮性不妊はどんな病気を引き起こすのか
  3. 子宮性不妊の紹介−症状−治療−看護−食事
  4. 子宮性不妊をどのように診断・鑑別するか−子宮性不妊は紛らわしい疾患
  5. 子宮性不妊検査、子宮性不妊診断
分類

お問い合わせ