子宮肥大の診断・鑑別-子宮肥大の紛らわしい疾患

子宮肥大の診断・鑑別-子宮肥大の紛らわしい疾患

  • 2021-08-12 20:34:55
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮肥大の検査、子宮肥大の診断
  2. 子宮肥大の原因、子宮肥大にはどのような原因があるのか

一、鑑別

子宮腺筋症、子宮内膜癌などとの鑑別に注意すべきである。

子宮腺筋症(adenomyosis)は内在性子宮内膜症とも呼ばれ、子宮内膜が子宮筋壁層に侵入することであり、子宮内膜症の特殊な型に属し、「外在」あるいは主に骨盤腔子宮内膜症と同時に存在することができる。患者の多くは進行性増悪を伴う続発性生理痛と表現されている。病状の発展に伴い、疼痛は生理前の1週間ぐらいから始まり、あるいは生理後の1〜2週間まで延長することができ、少数の患者の疼痛時間は月経前後であり、まだ周期性を呈している。月経は子宮腺筋症のもう一つの主要な症状であり、しばしば貧血を引き起こす。少数の患者は大量の出血を発生し、機能性子宮出血と誤診されやすい。

子宮内膜癌:閉経期前後の不規則な膣出血は子宮内膜癌の主要な病状であり、末期患者自身は下腹部の増大した子宮或いは/及び隣接する組織器官に触れることができて、この側下肢の腫脹と痛みを引き起こし、或いは尿管を圧迫してこの側腎盂尿管の水たまり或いは腎臓萎縮を引き起こすことができる。貧血、痩せ、発熱、悪液質などの全身不全症状が出現する。

  1. 子宮肥大のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 子宮肥大の症状、子宮肥大の初期症状、徴候
  3. 子宮肥大の紹介−症状−治療−看護−食事
  4. 子宮肥大の食事、食事療法、子宮肥大は何を食べればいいのか
  5. 子宮肥大を予防するにはどうすればよいか、子宮肥大のケア策

お問い合わせ