子宮肥大の紹介−症状−治療−看護−食事

子宮肥大の紹介−症状−治療−看護−食事

  • 2021-08-12 20:30:44
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮肥大の原因、子宮肥大にはどのような原因があるのか
  2. 子宮肥大受診ガイドライン−子宮肥大

子宮肥大の概要

子宮肥大症(hypertrophy of uterus)は子宮が均一に増大し、筋層の厚さが2.5cm以上を超え、不等程度の子宮出血を伴う疾患である。主な臨床症状は白帯増加である。また、結合組織の増生と炎症は子宮頸部に沿ってあるいは子宮仙靱帯を経て骨盤腔に拡散するため、腰仙部の疼痛あるいは会陰部の腫脹感がある。

,

子宮肥大の基礎知識

  • 医療保険の対象:はい
  • 別名:子宮肥大症
  • 発症部位:子宮
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多発者:中高年、出産後の女性
  • 関連症状:嚢胞ポリープ妊娠中に子宮が異常に増大した単角または双角子宮
  • 合併疾患:子宮頸部糜爛

  1. 子宮肥大のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 子宮肥大の検査、子宮肥大の診断
  3. 子宮肥大症状子宮肥大の初期症状、徴候
  4. 子宮肥大の診断・鑑別-子宮肥大の紛らわしい疾患
  5. 子宮肥大の食事、食事療法、子宮肥大は何を食べればいいのか

お問い合わせ