子宮肥大の症状、子宮肥大の初期症状、徴候

子宮肥大の症状、子宮肥大の初期症状、徴候

  • 2021-08-12 20:30:58
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮肥大の紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 子宮肥大治療法子宮肥大治療法子宮肥大治療法子宮肥大治療法

子宮肥大症

典型的な症状:1.量が多すぎて、持続日数が延長する;2.期間が短くなって約20日、経度と持続日数に明らかな変化がないことを表現します;3.月経期の延長のため、しかし経量が多くありません。

関連症状:嚢胞ポリープ妊娠中に子宮が異常に増大した単角または双角子宮

一、症状

子宮は均一に増大し、筋層の肥厚は2.5〜3.2cmに達した。切断面は灰白色またはピンク色であり、硬さが増し、繊維束が編み目状に配列されている。外1/3筋層内血管隆起、内膜正常或いは肥厚、時には小型平滑筋腫(直径1cm未満)或いは内膜ポリープの合併が見られる。

主な症状は次のとおりです:

1.量が多すぎて、持続日数が延びる;

2.期間が短くなって約20日、経度と持続日数に明らかな変化がないことを表現します;

3.月経期の延長のため、しかし経量が多くありません。

患者の多くは経産婦であり、多くは3産以上であった。罹患時間が長く、流血量が多い者は貧血を呈する。婦人科検査による子宮は均一に増大し、一般的には6週妊娠の大きさであり、少数は8週妊娠の大きさを超え、質は比較的に強靭である。両側卵巣はやや増大し、多発性濾胞嚢胞があった。

二、診断基準

多産婦は、月経地が多いが子宮一致性増大、子宮内膜は正常或いは厚くなり、個別にポリープ状を呈し、しかし病理検査の多数は正常で、少数は増生を示し、子宮肥大症と診断できる。

  1. 子宮肥大のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 子宮肥大の原因、子宮肥大にはどのような原因があるのか
  3. 子宮肥大の検査、子宮肥大の診断
  4. 子宮肥大の診断・鑑別-子宮肥大の紛らわしい疾患
  5. 子宮肥大の食事、食事療法、子宮肥大は何を食べればいいのか

お問い合わせ