子宮肥大の原因、子宮肥大にはどのような原因があるのか

子宮肥大の原因、子宮肥大にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-12 20:32:36
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮肥大の食事、食事療法、子宮肥大は何を食べればいいのか
  2. 子宮肥大の診断・鑑別-子宮肥大の紛らわしい疾患

子宮肥大病因主な病因:多産婦の子宮筋層内弾性線維組織の増殖、卵巣機能障害、炎症など

一、病因

1.子宮の原因。

1)多産婦では子宮筋層内の弾性線維組織が平滑筋間や血管周囲に増生し、子宮肥大をきたす。

2)原発性子宮血管病変による子宮肥大

2.卵巣機能障害:エストロゲン刺激が持続し、子宮筋層を肥厚させることがある。臨床でよく見られる機能性子宮出血患者、特に病気経過が比較的に長い者は、すべて異なる程度の子宮増大がある。

3.炎症は慢性付属器炎、骨盤内結合組織炎及び子宮慢性筋炎を引き起こし、子宮筋層内の膠原線維の増殖を引き起こし、子宮繊維化を引き起こす。

4.骨盤うっ血は、子宮結合組織の増殖を引き起こし、子宮肥大を引き起こすこともある。

5.子宮頸肥大を引き起こす病原体はマイコプラズマ、クラミジア、細菌、ウイルスである。

本症の基本的な病理変化は子宮筋層内平滑筋細胞及び血管壁の変化である。子宮は均一に増大し、筋層の肥厚は2.5〜3.2cmに達した。切断面は灰白色またはピンク色であり、硬さが増し、繊維束が編み目状に配列されている。動静脈は著明に拡張し、新生血管の周囲には弾性線維の塊が増生していた。

  1. 子宮肥大の紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 子宮肥大の症状、子宮肥大の初期症状、徴候
  3. 子宮肥大を予防するにはどうすればよいか、子宮肥大のケア策
  4. 子宮肥大治療法子宮肥大治療法子宮肥大治療法子宮肥大治療法
  5. 子宮肥大受診ガイドライン−子宮肥大

お問い合わせ