子宮肥大治療法子宮肥大治療法子宮肥大治療法子宮肥大治療法

子宮肥大治療法子宮肥大治療法子宮肥大治療法子宮肥大治療法

  • 2021-08-12 20:35:29
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮肥大受診ガイドライン−子宮肥大
  2. 子宮肥大の症状、子宮肥大の初期症状、徴候

子宮肥大の診療知識

受診科:婦人科治療費用:異なる病院の料金基準が一致せず、市三病院の約(3000-10000元)治癒率:治療周期:治療方法:手術治療、薬物治療、支持治療子宮肥大の一般治療

一、治療

一般的に子宮肥大などの場合は、保存的な理学療法やleepナイフによる低侵襲手術を考慮することが多い;アンドロゲン療法は出血量を減少させる。保存的治療が無効な場合、子宮全摘出術を考慮することができる。50歳以下、卵巣正常者は保留すべきである。

1、軽度びらんには以下の方法で薬物治療を適用する:

1)10〜30%硝酸銀溶液または10%ヨウ素酒用綿棒粘着剤を患部に慎重に塗布し、硝酸銀後は生理食塩水で塗布し、余分な硝酸銀が腐食性のない塩化銀となるようにする。週2回、4~6回を1クールとし、必要に応じて繰り返すことができる。

2)重クロム酸カリウム液は綿棒で薬をつけて慎重に患部を塗って、生理が終わった後に一度薬を塗って、次の生理後にもう一度繰り返すことができ、びらん面が大きい場合には効果が高い場合がある。薬を塗る前に、まず0.1%新潔爾で子宮頚粘液を拭き、後脳弓に綿球2個を置き、薬物流下による膣粘膜の火傷を防止した。終わったら綿球を取り出し、75%アルコール綿棒で薬区を拭き取った(調合:重クロム酸カリウム10g、濃硫酸75ml、水100mlまで)。

2、手術は子宮頚肥大、糜爛面が深くて頸管に関わる者、及び(あるいは)悪変を疑う者に対して、子宮頚円錐切除を行うことができる。組織を切り取って病気検査に送る。この方法は傷跡が小さく、術後の子宮頸部は元の状態を保つことができる。

手術前後に以下の事項に注意しなければならない:

1)手術は月経後3〜7日以内に行うことが、出血や感染機会の減少につながることが望ましい。

2)手術により出血が多い可能性があるため、術前に血液型、血液常規及び血液凝固時間を検査し、出血性疾患を除く。

3)術前検査で膣炎を除いて手術を行う。術後の感染を防ぐために、外陰の清掃に注意する。

4)手術後2カ月間は性生活を避け、出血しないようにする。

5)手術後は、医師の要求に応じて定期的に再検査する。

3、低侵襲治療

1)レーザー治療レーザーはびらん組織を炭化させかさぶたを形成する。

2)凍結療法用液体窒素急速冷却装置は、びらん面にプローブを1〜3分間置き、自然復温後に取り出し、病変組織を凍結壊死させた。治療後2〜3週間で多くの水様分泌物が流出する。利点は出血と子宮頸部狭窄が少ないことである。

3)エレクトロアイロン術はびらん面にアイロンをかけて組織を凝固させ、かさぶた皮を形成し、約2週間後にかさぶた皮が脱落し始め、創面癒合に6〜8週間を要するのが一般的である。手術は生理が終わってから3~5日後に行う。付属品炎のある者は使用を禁ずる。治療後白帯は一時的に増加或いは出血することがある。出血が多い場合、消毒ガーゼで圧迫止血し、24時間後に取り出すことができる。欠点は、瘢痕の収縮により子宮頸部が狭窄することがあることである。

子宮肥大の弁証的治療

一、漢方療法

漢方医には子宮肥大症の病名がなく、その月経情況の表現によって、本病を漢方医の月経多、月経先行、月経延長などの病の範疇に属することができる。漢方医は、本症の発生は主に気虚或いは血熱と関係があると考えている。

気が弱くて、主に気が弱いことを指します。普段から体が弱っているので、気性が足りない、あるいは不規則な飲食、疲労度の低下などのため、気が虚になり、経血をしっかりと摂ることができないため、月経量が多い或いは早めになる。脾臓虚が長くなると腎臓に影響し、あるいは流産手術なども腎臓ガスを損傷し、最終的に脾臓と腎臓の両虚を招き、病状を悪化させる。血の熱の原因または要因は常に辛辣上火のものに好し;または、肝を傷め、肝郁化火;あるいは陽盛体質のため、いずれも熱が血の中に入って、圧迫経血の速行、下血の量が多くて、迫血の妄行を呼びます。

気虚症に対して、健脾益気摂血法を用い、帰脾湯加減を選択することができ、薬は例えば:オウギ25グラム、党参20グラム、炒白術15グラム、阿膠珠、桑寄生各30グラム、ヨモギ炭9グラム、砲姜炭、しゃ甘草、アカネ各6グラム、シチュー木香3グラムである。もし血の量が多すぎて、腰酸尿頻、手足のぬるくない者、更に鹿角膠(閉店化)、炒め杜仲、菟糸子各15グラム、イカの骨30グラム;小腹空落ち明らかな者、炒め昇麻、炒め柴胡各6グラム;また口が乾いて飲もうとする者を見て、失血で津を傷めることに属するため、麦門冬30グラム、五味子9グラムを加えることができる。

臨床治療の時に、月経の色、経質の変化によって、またその他の随伴症状と結合して慎重に弁別し、それから気虚或いは血熱の異なる徴候によって、それぞれ治療する。一般的に言えば、大体の月経量が多くて、色が淡紅あるいは正常で、質が薄くて、あるいは血塊と淡紅血水が并見て、同時に顔の色が萎えて、あるいは小腹が空に落ちて、舌が薄い苔が薄くて、脈が弱くて力がありませんなどの病状者は、気虚に属します;月経量が多く、色が濃紅質でとろみがあり、同時に見られる顔が赤く唇が乾いて、尿黄色、便秘;あるいは小腹部膨満痛、心痛、口苦、脈滑数、舌紅苔薄黄などの症状がある者は血熱に属する。

血熱症状者に対して、清熱涼血止血法を用い、固経丸で味を加えることができ、薬は例えば:亀板ゴム15グラム(閉店化)、炒め黄ごん、炒め黄柏各9グラム、生地黄、地骨皮、椿根白皮、地楡炭各15グラム、北沙参、炒め蒲黄各20グラム。出血が多い者、更に阿膠(閉店化)、陳褐炭各20グラム、鍛竜牡各30グラム;もし脾胃不和があって、大便下痢者、生地、黄柏、炒め白術10グラム、白レンズ豆30グラム、樟香梗6グラム;もし出血で陰を傷つけて気を消耗して、動悸、口が乾いている人を見て、太子参15グラム、麦冬20グラム、五味子9グラムを加えることができる。

以上の2種類の証型の中で、比較的に多く見られるのは血熱証であり、臨床変化も比較的に多い。しかし、気虚あるいは血熱にかかわらず、うっ血が混じっている可能性があり、うっ血ブロックは血が経に戻らないことをもたらし、経量が多すぎることを招くこともある。

  1. 子宮肥大のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 子宮肥大の原因、子宮肥大にはどのような原因があるのか
  3. 子宮肥大の検査、子宮肥大の診断
  4. 子宮肥大の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 子宮肥大の診断・鑑別-子宮肥大の紛らわしい疾患
分類

お問い合わせ