子宮肥大受診ガイドライン−子宮肥大

子宮肥大受診ガイドライン−子宮肥大

  • 2021-08-12 20:36:16
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮肥大の診断・鑑別-子宮肥大の紛らわしい疾患
  2. 子宮肥大の紹介−症状−治療−看護−食事
子宮肥大受診コンパスは子宮肥大患者が病院を受診する時に現れる疑問に対して解答を行い、例えば:子宮肥大は何科の番号をかけますか?子宮肥大検査前の注意点は?医者は普通何を聞きますか。子宮肥大はどのような検査をしますか?子宮肥大検査の結果はどう思いますか。待ってくれ。子宮肥大の受診ガイドラインは子宮肥大患者の診察を便利にし、子宮肥大患者の受診時の疑惑問題を解決することを目的とする。
典型的な症状
多くの月経量、嚢胞、ポリープ
診療科の受診を勧める
婦人科
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は1日、再診は半日ずつ予約する
再診頻度/診療期間
外来診療:毎週子宮が正常になるまで再診した後、不調を伴って診察した。
診察前の準備
受診当日は検診に合わせて着やすく着脱しやすい服を着ています。
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、月経量が多すぎる、持続日数が延びるなどの付随症状がある?
4、不潔な性交歴はありますか?
5、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査結果は何ですか。
6、治療はどうでしたか?
7、薬物アレルギー歴はありますか?
重点点検項目
1.骨盤と膣の超音波検査
骨盤腔と膣超音波検査は骨盤腔と膣に超音波検査を行い、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの病変を早期に発見できる。
2.スプリンクラー
診断的に子宮を掻爬して子宮腔を探査した。
しんだんきじゅん
多産婦、月経が多いが子宮一致性増大、子宮内膜正常或いは肥厚、個別にポリープ状を呈し、しかし病理検査の多数は正常で、少数は増生を示し、子宮肥大症と診断することができる。


  1. 子宮肥大のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 子宮肥大の原因、子宮肥大にはどのような原因があるのか
  3. 子宮肥大の検査、子宮肥大の診断
  4. 子宮肥大の症状、子宮肥大の初期症状、徴候
  5. 子宮肥大の食事、食事療法、子宮肥大は何を食べればいいのか
分類

お問い合わせ