子宮肥大の食事、食事療法、子宮肥大は何を食べればいいのか

子宮肥大の食事、食事療法、子宮肥大は何を食べればいいのか

  • 2021-08-12 20:38:29
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮肥大の原因、子宮肥大にはどのような原因があるのか
  2. 子宮肥大受診ガイドライン−子宮肥大

子宮肥大飲食は禁忌

適切な食事:1、リンゴ、トマトなどのビタミンが豊富な食品を食べます。2、赤身、魚、アワなど栄養豊富な食べ物。3、ナツメ、とろろなどの補益、保健作用のある食品を食べたほうがいい。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
果物リンゴの皮には抗酸化成分や生物活性物質が豊富に含まれており、リンゴの皮を食べることは健康に良い。1日に1~2個
トマトビタミンCが豊富で、免疫力を高めてくれます。1日に1~2個
ナツメビタミンCと鉄分を多く含み、補気養血作用があります。1日に10個食べる
食事のタブー:1、辛くて刺激的なものを避ける。2、脂っこいものは避けます。3、エストロゲン類を食べるのは避けます。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
唐辛子辛い食べ物は傷つきやすく、病気の治療にはよくない。他の辛い食べ物も避けましょう。
ローヤルゼリーエストロゲンが含まれていると重症化することがある。他のエストロゲン類を含む食品も避けるべきだ。
子宮肥大飲食の原則

子宮肥大の食事療法をする方(下記資料は参考まで。詳細は医師に相談する必要があります)

1、烏骨鶏スープ

組成:烏骨鶏1羽、当帰、オウギ、ぶく苓各9グラム。

使用法:鶏をきれいに洗い、汚れを取り、薬を鶏の腹の中に入れて糸で縫合し、土鍋で煮込んで、薬かすを取り、調味料を加えて肉食でスープを飲み、2-3回に分けて飲み終わる。月経前に1日l剤を3-5回連用する。

作用:健脾養心、益気養血;気血不足による月経が少なく、経色が薄く、目まいがして、動悸がぽかぽかして、顔色が萎えて黄色で、少し腹が空に落ちて、舌質が淡紅で、脈が細い。

2、羊肉の帰地焼

組成:羊肉500グラム、当帰、生地各15グラム、乾燥ショウガ10グラム。

用法:羊肉を洗い、切り身にして、土鍋に入れて、洗いの薬としょうゆ、塩、砂糖、黄酒を併合して、清水各適量、紅焼肉が腐るまで、常服することができる。

作用:温中補虚、益気摂血;気虚による月経量が多くて、色が薄くて質が薄くて、顔の色がなくて華がなくて、神疲れ気が短くて、怠惰な言葉、舌質が薄くて、脈が弱くて力がないことに応用することができる。

3、生化学蜜ペースト

組成:当帰益母草各30グラムセンキュウ桃仁甘草丹皮各10グラム砲姜5グラム白蜜50ミリリットル

使用法:前七味に水500ミリリットルを加えて、煮取り300ミリリットル、かすを取り、白蜜を加えてペーストを取り、1服30ミリリットル、日に3回服用する。

作用:活血化お、温経調経;うっ血停滞による月経が少なく、色が紫色で黒く、血塊があり、小腹部膨満痛が抑制し、舌が正常あるいは紫暗く、あるいはうっ血点があり、脈が細く弦が渋い。

4、めんどりのよもぎスープ

構成:老鶏1羽、ヨモギ15グラム。

使用法:よく洗って切り身を切り、ヨモギと一緒にスープを煮て、2~3回に分けて食べる。月経期に2~3剤を連用する。

作用:補気摂血、健脾寧心;体が虚で血を摂ることができないため、月の経過が多く、心悸がぽかぽかし、不眠が多く夢が多く、少ない腹が冷たく痛み、舌が薄い脈が細い。

5、地黄煮酒

組成:生地黄6グラム、益母草10グラム、黄酒200ミリリットル。

使用法:黄酒を磁器の瓶(またはカップ)に注ぎ、生地、益母草を加え、水を挟んで約20分蒸し、毎回50ミリリットルを服用し、日に2回服用する。

作用:活血止血;血おによる月経が多く、色が紫色で黒く、血塊があり、あるいは下腹部の痛みを伴い、圧迫を拒否し、舌質が紫色で暗く、あるいはお点があり、脈が細くて渋い。

6、両地膏

組成:生地、地骨皮各30グラム、玄参、麦冬、白シャク各15グラム、阿膠30グラム、白蜜40ミリリットル。

用法:前五味煎じて濃汁300ミリリットルを取り、また60ミリリットルの白湯で阿膠を溶かして、薬汁の中に入れて、白蜜を加えて、置きとろ火をあげて、涼を待って、瓶に詰める。20ミリリットルずつ、1日3回服用します。

作用:エステ;肝腎陰虚、虚熱内乱による月経が多く、色が赤く、めまいがし、心がうるさく、口が渇く、舌質が赤く、脈が細い弦がある。

7、羊肉のクコの煮込み

組成:羊もも肉1000グラム、枸杞50グラム、調味料適量。

用法:羊肉全体を熱湯で煮込み、冷水の中で洗って血の泡を切って、切り身を切る;鍋の中の油が熱い時、下の羊肉は丸ごと、お湯で煮て、生姜片炒めて、みりんのさっと炒めて鍋に入れて炒めて炒めた後に入れ枸杞子、清湯(2000ミリリットル)、塩、ネギ、沸騰して、アクを取り、とろ火は婉曲約l-1.5時間、羊肉が熟して腐るのを待って、ねぎ、しょうが、味の素を入れて、肉を飲んでスープを飲みます。

作用:補腎養血;腎臓陽が虚なため月経が少ない或いは点滴がきれいでなく、色が薄い赤色或いは暗い赤色、質が薄く、腰膝が酸っぱくて柔らかくて、めまいがして耳鳴りがして、或いは少ない腹が冷たくて、夜尿が多くて、舌質が薄くて、脈が沈むのが遅い。

子宮肥大それらを食べて体にいい?

出血は羊の血、ライオン、淡菜、イカ、ナズナ、レンコン、キノコ、馬蘭の頭、石耳、指の実、干し柿を食べるべきである;感染はウナギ、ハマグリ、ミズヘビ、針魚、鯉、麒麟菜、セロリ、ゴマ、ソバ、油菜、香椿、小豆、緑豆が好まれる。

子宮肥大はその食べ物を食べないほうがいいですか。

1、トウガラシ、サンショウ、生ネギ、生ニンニク、酒類、冷凍など刺激性の飲食物を避ける。

2、絶食桂円、ナツメ、阿膠、ローヤルゼリーなどの熱性、凝血性とホルモン成分を含む食品。

  1. 子宮肥大のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 子宮肥大の検査、子宮肥大の診断
  3. 子宮肥大の症状、子宮肥大の初期症状、徴候
  4. 子宮肥大の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 子宮肥大の診断・鑑別-子宮肥大の紛らわしい疾患

お問い合わせ