子宮脱垂はどのように診断・鑑別するのか−子宮脱垂は紛らわしい疾患である

子宮脱垂はどのように診断・鑑別するのか−子宮脱垂は紛らわしい疾患である

  • 2021-08-12 20:14:57
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 子宮垂の食事、食事療法、子宮垂は何を食べればいいのか
  2. 子宮を予防するにはどうすればよいか、子宮のケア策

子宮脱は次の疾患と鑑別すべきである。

1、膣壁の腫れ物や膀胱ヘルニア

患者に膣腫瘍がある場合、両合診で膣壁腫瘍(嚢性あるいは実性)が膣壁内にあり、境界が明瞭で、活動あるいは固定していることを検査した。膀胱ヘルニアの視診では子宮頸部が見られず、単葉溝は膣の前腕を上方に持ち上げ、子宮頸部が見られ、指診で子宮頸部と子宮体に触れることができる。

2、子宮頸部延長

子宮ヘルニアのない単純な子宮頸部延長を指し、時に軽度の膣前後壁ヘルニアを伴うことがある。単純子宮頸部延長は触診で子宮脱と鑑別できる。双合診では子宮頸部の膣部分が延長し、子宮体は骨盤内にあり、息を止めて下に移動しなかった。子宮脱垂者の多くの患者は同時に子宮頚延長を伴う。

3、子宮粘膜下筋腫

患者は月経の多い病歴があり、比較的に小さい筋腫は内視鏡で露出して子宮頸口の外口に赤色、質が硬くて強靭な脱出の腫塊があることが見られた。子宮頸外口まで脱出した比較的に大きい粘膜下筋腫、視診では腫塊上に子宮頸部がなく、双合診では腫塊上の周囲に子宮頸部が存在することを検査した。

4、子宮内反

慢性的な子宮内反で、極めてまれである。膣内にひっくり返った子宮体が見られ、暗赤色の絨毛様の子宮内膜で覆われ、出血しやすく、その上に子宮頚がなく、両側に卵管開口が見られ、双合診或いは三合診で骨盤内に子宮体がないことを検査した。必要な時に腹部超音波検査を補助する。

5、膣ドームヘルニア

患者は多産歴あるいは子宮切除などの骨盤内手術歴があり、後ドームヘルニアは子宮脱垂を伴うことが多い。患者は外陰軟性腫瘍の脱出に便秘を伴うことが多いと主訴した。視診にて明らかに膨出した膣壁が見られ、子宮頸部は見られなかった。ヘルニア嚢が大きい場合には、その内の腸管蠕動が観察される。双合診によるドームヘルニアは骨盤腔に送り返すことができ(膣の前後壁が膨出してこの感覚がない)、双合診による骨盤腔内に子宮が存在しないことを検査した。患者は立位で親指(膣内に位置する)-示指(直腸内に位置する)検査を行い、ヘルニア嚢内の小腸管に触れることができる。子宮脱垂と膣ドーム瘤は一般的に鑑別が容易である。

  1. 子宮下垂症の検査、子宮下垂症の診断
  2. 子宮の合併症、子宮はどんな病気を引き起こすのか
  3. 子宮の症状、子宮の初期症状、バイタルサイン
  4. 子宮垂のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  5. 子宮垂の治療方法,子宮垂の治療方法,子宮垂の治療薬

お問い合わせ