子宮脱の症状、子宮脱の初期症状、バイタルサイン

子宮脱の症状、子宮脱の初期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-12 20:12:10
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 子宮を予防するにはどうすればよいか、子宮のケア策
  2. 子宮垂のケア−ケアの注意点−食事のタブー

子宮脱垂症

早期症状:1、腰仙骨部の疼痛、特に仙骨部は甚だしく、労働後更に明らかで、ベッドに横たわって休息後に緩和することができる。そのほか、患者は下腹、膣、会陰部の転落を感じ、も疲労後に加重した。2、膣から腫れ物が脱出し、患者は球形物が膣内から脱出し、歩行、肉体労働時に更に明らかになり、ベッドに横たわって休んだ後に自分で返納した。3、泌尿器症状、多数の子宮脱下垂患者は、大笑い、激しい咳、体勢に力を入れた時、腹腔圧力が突然増加し、尿失禁を引き起こし、尿液が溢れ出す。

末期症状:1.脱垂が厳重な者は、一日中外に落ちて、自分で返すことができなくて、歩行活動のため、衣服と摩擦して不快感を感じて、長い間摩擦して潰瘍、感染、分泌物の増加、甚だしきに至っては出血が発生して、毎日局部組織の肥厚角化が増加する。2排尿困難、尿貯留を招き、指で膨出した膀胱を前方に推挙した後、排尿することができる。

関連症状:子宮はひょうたん状子宮付属器腫塊を呈している

一、臨床所見

1、腰仙部がだるくて、

特に仙骨部を中心に、労働後は更に明らかで、寝たきりの後は緩和することができる。そのほか、患者は下腹、膣、会陰部の転落を感じ、も疲労後に加重した。

2、膣から腫れ物が出て、

患者は球状物が膣内から脱出し、歩行、肉体労働時に更に明らかになり、寝たきり休息後に自分で返納した。脱垂が深刻な者は、一日中外に落ち、自分で返すことができず、歩行活動のため、衣服と摩擦して不快感を感じ、摩擦を経て潰瘍、感染、分泌物の増加、甚だしきに至っては出血、一日中局部組織の肥厚角化が増加する。

3、泌尿器症状、

多数の子宮脱下垂患者は大笑いし、激しい咳をし、体勢に力を入れた時、腹腔の圧力が突然増加し、尿失禁を引き起こし、尿液が外部に溢れる。子宮脱はしばしばある程度の膀胱ヘルニアを伴うが、圧力性尿失禁が出現するかどうかは膀胱と尿道の解剖関係が変化するかどうかに依存する。少数の子宮脱下垂患者は排尿困難、尿閉を招き、指で膨出した膀胱を前方に押した後、排尿することができる。その原因は膀胱の膨出が激しく、膨出した膀胱の位置が尿道より低いためである。

4、月経が変わる、白帯が多い

骨盤内臓器脱のため、血液循環障害、局部うっ血を招き、正常な月経に影響し、月経を多くすることができる。また、血行障害により臓器を脱出し潰瘍、感染を合併することで白帯が増加し、血性分泌物を伴う。

5.受胎、妊娠及び分娩に影響を及ぼすものではない。

しかし、子宮脱下垂を受け入れられない者は、出産後に子宮頸部水腫が出現し、子宮頸部拡張が困難で難産に至ることがある。

6、バイタルサイン

子宮頸部から膣内への子宮下移動処女膜からの子宮下移動<14cm到子宫体完全脱出于阴道口外。不能还纳的子宫脱垂常伴有直肠膀胱膨出,阴道黏膜增厚角化,宫颈肥大并延长,膀胱子宫窝距阴道前穹隆的距离>2cmなので、4~5cmにもなります。重度子宮脱は膀胱脱を伴う時、膣膀胱横溝ひだは消失し、膀胱下界は子宮頚外口より長くなり、重度子宮脱は膀胱、尿管の下移動があり、尿道開口と正「△」区を形成する。

二、子宮脱は3度に分けられる:

I度:子宮頸部下垂は処女膜から4cm未満であったが、膣口外に脱出しなかった。

軽:子宮頸外口は処女膜縁から4cm未満であり、処女膜縁に達していなかった。

重:子宮頸部はすでに処女膜縁に達し、膣口に子宮頸部が見られた。

II度:子宮頸部及び一部の子宮体はすでに膣口外に脱出した。

軽:子宮頸部は膣口から脱出し、子宮体はまだ膣内にある。

重:子宮体の一部が膣口から脱出していた。

III度:子宮頸部と子宮体はすべて膣口外に脱出した。

三、診断

主にバイタルサインによる。また、一定の検査を行うべきである。患者に小便を解からず、膀胱切石術位を取るように指示した。検査ではまず咳やガスを弾かせて腹圧を上げ、尿が尿道口から溢れているかどうかを観察して張力性尿失禁があるかどうかを確認し、その後膀胱を空けて婦人科検査を行う。まず、力を入れない場合、膣壁の脱垂および子宮の脱垂に注意する。外陰の情況と会陰の破裂程度に注意する。膣内視鏡は膣壁と子宮頸部の潰瘍の有無、子宮直腸窩ヘルニアの有無を観察する。膣内診時に両側の肛門挙筋の情況に注意し、肛門挙筋の裂隙幅、子宮頚の位置を確定し、それから子宮の大きさ、骨盤内の位置及び付属器に炎症或いは腫瘍があるかどうかを明らかにしなければならない。最後に患者に腹圧を応用し、必要に応じてしゃがみ、子宮を脱出させてから手診を行い、子宮脱出の程度を確定するように指示した。

  1. 子宮垂はどのように診断・鑑別するのか−子宮垂は紛らわしい疾患である
  2. 子宮垂の紹介−症状−治療−看護−食事
  3. 子宮の合併症、子宮はどんな病気を引き起こすのか
  4. 子宮垂の治療方法,子宮垂の治療方法,子宮垂の治療薬
  5. 子宮下垂症の検査、子宮下垂症の診断

お問い合わせ