子宮脱垂の治療方法,子宮脱垂の治療方法,子宮脱垂の治療薬

子宮脱垂の治療方法,子宮脱垂の治療方法,子宮脱垂の治療薬

  • 2021-08-12 20:17:07
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 子宮垂のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 子宮の合併症、子宮はどんな病気を引き起こすのか

子宮脱垂の診療知識

受診科:婦人科生殖健康治療費用:病院によって料金基準が一致せず、市三甲病院約(1000-3000元)治愈率:治療周期:治療方法:薬物治療子宮下垂一般治療

一、子宮脱垂の西洋医学的治療

一】非手術治療

1、子宮托療法

1)適応症

(1)全身の情況或いは深刻な心、肝臓、腎臓などの疾患のため、手術治療に適さない者。

(2)手術治療を拒否するか、環境、経済などの理由で無条件に手術治療を行う者。

(3)軽度の子宮脱下垂合併腰背部痛などの症状が深刻な患者は、先に子宮托温存治療を行った後、症状が緩和した者は、手術治療の適応症とすることができる。

2)禁忌症

(1)膣、子宮頸部に明らかな炎症または潰瘍がある場合は、治癒後に放置しなければならない。

(2)膣口は広くて、膣は短くて浅くて、周囲のドーム部は浅くなったり消えたりして、子宮が生殖裂孔の上にあることを支持することができない。

(3)骨盤腔に明らかな炎症或いは腫瘍がある者。

(4)会陰III度裂傷、あるいは尿瘻、糞瘻がある者。

(5)月経期、妊娠期、産褥期に子宮托を使用すべきではない。

3)タイプ:

中国国内でよく使われている子宮托及び近年研究開発された子宮托は以下の4種類がある:①ラッパ花型子宮托;②リング型子宮托;③ボール型子宮托;④球腹--キノコ頭子宮托。

4)子宮托の使用:

子宮托の異なるタイプによって、いずれも大、中、小の3種類に分けられ、子宮托を配置した後、脱垂した子宮と膣壁は膣内に収容することができ、患者の立感が快適で、子宮が脱出しない者は配置するのが適当で、そして患者に配置することを教える必要がある

患者に毎晩取り出してきれいにするようにと念押しして、朝の再配置、一般配置時に患者は平臥し、両足を屈曲して分離し、托の後縁をスキューし、膣の後壁に沿って膣の頂部まで押し込み、更に子宮托の前縁を恥骨連合の後まで押し込み、その後患者にガスを発生させ、子宮を降下させ、托の位置が正しいかどうかを検査し、托を取る時は軽く側斜め方向に取り出すべきである。

2、宮脇薬注射

この方法は、化学的炎症を起こして瘢痕を形成し、瘢痕拘縮後、弛緩した主靱帯を短縮して子宮を挙上させることに作用する。この治療法は軽度子宮脱垂に対して有効であり、重度は無効であり、しかも副作用が大きいため、広く応用されていない。

3、スポーツ療法

体操方法で筋肉に関する運動と運動を行い、弛緩した筋肉を鍛えることで機能を回復させることができ、よく使われるのは肛門挙筋運動、膝胸横式であり、毎日朝晩に1回ずつ5~15分ずつ行い、朝の運動は起床前に行うべきである。ストレス性尿失禁者は、排尿のたびに意識的に排尿動作を数回停止させ、習慣化させることが、肛門挙筋の緊張を強化するのに有益である。

4、理学療法

この方法は子宮脱垂を治療する方法ではなく、ただその合併症の治療に協力することができ、常用の方法は熱湯座っ浴、赤外線照射及び透熱電気治療などである。

二】手術療法

1)適応症

一般的に二度重度、三度及び/又は膣壁中度膨出、或いは非手術治療が無効で自覚症状が重い患者に応用される。

2)禁忌症

心機能不全、腎機能不全、肝硬変または肝機能障害、活動性肺結核、肺機能不全、糖尿病、精神異常、深刻な貧血慢性咳嗽および出血性疾患、悪性腫瘍、全身性伝染病など。泌尿器系炎症、重度子宮頸部びらん、治療コントロール後に手術を行うべきである。

3)術式選択

(1)膣前後壁修復術:

明らかな子宮頸部延長がなく、子宮頸部、子宮体の病理変化がない患者に適している。

(2)マンシティ手術

(膣子宮頸部の部分切除および膣前後壁の修復術):子宮頸部延長を有する患者に適している。

(3)経膣子宮全摘出術及び前後膣壁補修術:

老年子宮脱下垂患者、子宮頸部の非典型的な増殖を伴う子宮脱下垂、機能性子宮出血、小さな子宮筋腫あるいは子宮脱下垂に膣壁の角化を伴う深刻な回納不能者に適している。

(4)膣縦(スルホ)横隔膜形成術:

閉経後、子宮頸部が滑らかで、性生活の要求がなく、膣の前後壁が中度あるいは重度に膨出している患者に適している。

子宮脱垂の弁証的治療

二、子宮脱垂の漢方治療

一】弁証的に方法を選ぶ

1、気が弱い

治療法:補エアリフト。

薬:補中益気湯加味。オウギ30g、党参20g、白術12g、陳皮9g、柴胡9g、昇麻10g、川断15g、金桜12g、しゃ甘草6g。続発湿熱、帯下量が多くて、色黄質が濃くて、臭気がある者は、元方で金桜子、党参を行って、黄柏15g、敗醤15g、ヨクイニン15gなどを加えて清熱利湿。

2、腎虚

1)治療法:補腎固脱。

2)処方薬:大補元煎加味。当帰15g、熟地15g、杜仲15g、山ユ肉15g、枸杞子15g、山芋30g、しゃ甘草10g、鹿角膠15g、紫河車10g、金桜20g、ケンジツ20g。命門の火が衰え、元気がない者は破古紙20g、シナモン10gを飲む。

3、湿熱

1)治療法:清利湿熱。

2)処方:リンドウ潟肝湯加味。柴胡15g、木通10g、沢潟15g、オオバコ15g、生地15g、当帰15g、クチナシ15g、オウゴン15g、オウバク15g、蒼術15g、土ぶく苓15g、甘草10g。

二】専門的に処方を検査する

1、昇麻湯:

昇麻15g、トウヒ25g、党参25g、オウギ50g、牡蠣50g、益母草20g、当帰15g。水煎服。気虚型子宮脱垂に適応し、1日1剤、2週間連続服用した。

2、キジツ湯:

トウヒ50g、オウギ25g、益母草25g、昇麻10g。水煎服。本方は気虚型子宮脱垂、1日1剤に適用した。

3、首烏湯:

首烏50g、キジツ50g、益母草25g、昇麻10g、牡蠣20g。水煎服。本方は腎臓虚型子宮脱垂、1日1剤に適用した。

4、金桜の湯:

金桜100g、益母草100g、キジツ25g、昇麻20g。本方は腎臓虚型子宮脱垂に適用し、毎日1剤、水煎じで服用した。

5、昇麻9g、

生白術9g、益母草15g。水で煎じて服用し、毎日1剤、3回に分けて、毎回食事の1時間前に服用する。

三】その他の治療法

1、外的治療法

1)いぶし洗い

(1)金銀花、紫花地丁、タンポポ、蛇床子各30g、黄連6g、苦参15g、黄柏10g、枯礬10g。湯煎水燻洗座浴、この方は子宮脱出に伴う黄水淋漓、湿熱下注者に使用します。

(2)丹参16g、積殻16g、五倍子、哈子肉各9g、煎じ水は熱いうちに外陰部をいぶし洗いする。

(3)ウメ肉、五倍子、ザクロ皮各10g、煎じ水は熱いうちに外陰部をいぶし洗い、毎日2回。

2)外用薬

(1)膣内に薬を塗布し、双子粉(等量の五倍子とラズベリー)を微末にし、ゴマ油で調整した後、綿球に薬をつけて膣のドームに押し込み、毎日4回、3〜5日間を1クールとする。双子粉は消毒処理をしなければならない。

(2)ひまし子塗頂心(百会)治婦人子宮出、痛みは我慢できない。子宮脱垂の軽重により、新鮮ひまし子36〜49粒を取り、殻を剥いてつぶし、ガーゼの上に広げ、百会穴と前突門の間の髪の毛を一つまみ切り、頭皮を露出し、薬を塗った隔膜ガーゼをここに塗布した。毎日午後1回ずつ2〜3時間貼付し、7日間を1クールとした。2日間休むと次のコースを繰り返すことができる。

2、漢方薬

1)補中益気丸:重さ9g、1錠ずつ1日2回服用。

2)十全大補九:重さ9g、1回1九、1日2回。

3)リンドウ潟肝丸:重さ9g、1錠1日2回服用。

3、鍼灸

1)体針療法:

主穴:維胞(関元の横に6寸開いて、針を入れた後に大きく捻転して、患者はすぐ子宮収縮感がある)、子宮穴(前腸骨上棘と恥骨結節の中点は内の1横指に向かって)、針を入れた後に恥骨連合方向に斜めに刺して、深さは患者が陰部の酸の上抽感を感じるまで、三陰交交。

2)配穴:

長強、百会、陰陵泉。同時に百会穴を灸をすえることができる。

1回に1〜2本の主穴、2〜3本の配穴を選択し、強刺激、針留置なし、患者の酸、麻、膨潤、挙上感を度とする。週に2~3回、2~3週間を1クールとする。

4、耳針療法

経絡検出器または耳針検出器を用いて耳介、腰仙押し部に感応点を見出し、通常の鍼灸針を用いて感応点に深さ2〜3分針刺を行い、強刺激を10〜15分、1日1回、7〜10日間を1コースとする。

5、温針療法:

関元、腎兪、足三里、三陰交などのツボを用いてミリ針で刺入し、ヨモギに火をつけて体を温めると針でツボを刺入し、時間は感応程度と病勢の軽重によって決まる。

6、ヘッドピン:

取穴:両側足運感区、生殖区。刺入法:10回を1コースとし、3〜5日間針を止め、第2コースとした。

7、薬による自己治療

①補中益気丸-1回6グラム、1日3回。

②高麗人参健脾丸-1回6グラム、1日3回。

③健脾資生丸--1回9グラム、1日3回。

  1. 子宮下垂症の検査、子宮下垂症の診断
  2. 子宮の症状、子宮の初期症状、バイタルサイン
  3. 子宮を予防するにはどうすればよいか、子宮のケア策
  4. 子宮垂の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 子宮垂の食事、食事療法、子宮垂は何を食べればいいのか

お問い合わせ