子宮脱垂の食事、食事療法、子宮脱垂は何を食べればいいのか

子宮脱垂の食事、食事療法、子宮脱垂は何を食べればいいのか

  • 2021-08-12 20:19:53
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 子宮脱垂はどのように診断・鑑別するのか−子宮脱垂は紛らわしい疾患である
  2. 子宮脱垂の紹介−症状−治療−看護−食事

子宮脱垂飲食は禁物とする

適切な食事:1.コラーゲンの豊富な食品を食べることができます;、2.腱を含むものを食べるべきである。3.たんぱく質を含んだものを食べるのがよい。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
チキンのオウギ煮込みオウギは良い補気作用があり、子宮靱帯機能の回復を促進できる。オウギ20g、鶏一羽煮込んで食べる。
牛の蹄筋温熱性の食品で、筋肉靱帯の合成に必須の原料を提供し、組織の回復を促進する。蹄筋100g、大根や冬瓜と一緒に煮込んで食べる。
鶏肉温かい食べ物で、たんぱく質が豊富で、腱の張りを改善します。500g蒸して食べる。
食事の禁忌:1.冷たい野菜や肉を食べてはいけません;、2.毛物性の食物を食べるのは禁物である、3.重厚で消化に适しない食べ物を食べるのは禁物です。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
ポテトドライな食べ物は、消化しにくく、腸管の働きを弱めます。新鮮な蒸しポテトや水煮ポテトをたくさん食べてください。
かに性味は冷たく、子宮筋腱の張力を高めるのに不利である。鶏肉のような温かい肉をたくさん食べます。
イカ発物性に属する食物は子宮卵巣感染を増加するリスクがあり、本症患者は客に応じて食べない。あっさりしたものや泡立てていないものを多めに食べましょう。
子宮脱垂食の原則

子宮脱垂食療法剤

(以下の資料は参考まで。詳細は医師に相談する必要があります)

1、豚大腸250グラム、黒ごま100グラム、昇麻9グラムを取ります。まず豚の大腸を洗い、昇麻をガーゼで包み、黒ごまと一緒に腸に入れ、土鍋に水を入れてよく煮込み、昇麻に調味料を加え、2回に分けて食べたり飲んだりする。週に2~3回。

2、ライチ1000グラム、黄酒1000ミリリットル。計7日間浸漬した後、毎日朝晩30ミリリットルずつ飲酒した。

3、魚(水魚)の頭5~10個を取って、きれいに切って、鍋の中で炒めて黄、研末、毎晩寝る前に3グラムを飲んで、マッコリや黄酒を送ります。

4、卵1匹、カシュウ30グラムで。水で首烏を焼いて、濃い汁を取り、卵を入れて一緒に煮込んで、卵を食べてスープを飲んで、毎日2回。

5、二麻豚腸スープ:昇麻1 0 g、胡麻仁1 0 0 g、豚大腸300g、調味料適量。大腸をきれいに洗い、麻の布で包んで、ゴマと一緒に大腸に入れて、鍋に入れて、清水を加えて適量と一緒に大腸が熟れるまで煮込んだ後、麻を取り、食塩、味の素を味付けして、スープを飲んで腸を食べて、隔日1剤、連続3週間。気挙提を益することができ、気虚下陥による子宮脱垂に適している。

6、党参小米粥:党参30g、昇麻1 0g、小米50g。二薬水を煎じて汁を取り、アワを加えて粥に煮て、毎日2回、空腹で食事を飲む。可益気昇提は気虚下陥の子宮下垂、労則激化、下腹下降下、四肢無力、少気怠言、顔色少華、小便頻数、帯下量多、質淡色白などに適用できる。

7、白身魚オウギ湯:白身魚1尾、オウギ20g、トウヒ10g、調味料適量。白身魚は鱗を取り、きれいに洗い、ぎ、カラスノキと一緒に煮沸した後、30分煮込み、かすを取り、汁を取り、食塩、味の素、みりんを調合し、毎回200mI。1日2回。気挙提を益することができ、気虚下陥による子宮脱垂に適している。

8、昇麻亀肉スープ:昇麻1 Og、ナツメ1 0枚、亀肉1 50g。亀肉をきれいに洗い、切り身を切り、諸薬と同じ鍋に置き、清水を加え適量に煮込んだ後、スープを飲んで肉を食べ、毎日1剤。補血益気、陽気挙挙が可能で、気虚下陥による子宮脱垂に適する。

9、巴戟煮込み豚腸:巴戟天、ニクジュヨウ、キジツ各3 5 g、豚大腸200g、調味料適量。豚の腸をきれいに洗って、薬と大腸の中に入れて、碗の中に入れて、清水の適量を加えて、水を隔てて蒸して食べて、少しの食塩を加えて、味の素味をつけます。補腎益気固脱は腎臓虚不固の子宮下垂、腰膝酸軟、下腹部降下、小便頻数、夜頻尿、眩暈、耳鳴りなどに応用できる。

10、オウギ甲魚湯:オウギ30g、キジツ1 5g、杜仲1 Og、スッポン1000g、調味料適量。スッポンを甲殻腸雑を取り、きれいに洗い、切り身を切り、諸薬布包、清水適量を加えてスッポンが熟れるまで煮込んだ後、薬包、ネギの花、ショウガのみじん切り、食塩、みりん、味の素などの味付けを取り、2日に1剤を服用した。腎臓陰を補うことができ、益気固脱ができ、腎気不固型子宮脱に適用できる。

11、金桜子粥:金桜子15g、ナツメ10枚、米200g。ナツメは核を取り、先に金桜の水を取って汁を取り、米を大きくし、ナツメは粥を煮て食を服用し、毎日1剤である。腎臓の固脱を補うことができ、腎臓虚の不固による子宮の脱垂に応用することができる。

12、金桜子膏:金桜子1 50g、はちみつ適量。金桜の水を煎じて汁を取り、計2回煎じて、2液を合わせて、とろ火で濃縮した後、同量の蜂蜜を入れて、煮沸して温で瓶に入れて、毎日2回、毎回20~30mI、ぬるま湯で入れて、あるいはお粥に入れて食べます。腎臓の固脱を補うことができ、腎臓虚の不固による子宮の脱垂に応用することができる。

  1. 子宮下垂症の検査、子宮下垂症の診断
  2. 子宮脱の合併症、子宮脱はどんな病気を引き起こすのか
  3. 子宮脱の症状、子宮脱の初期症状、バイタルサイン
  4. 子宮脱を予防するにはどうすればよいか、子宮脱のケア策
  5. 子宮脱垂のケア−ケアの注意点−食事のタブー
分類

お問い合わせ