子宮頸性不妊検査、子宮頸性不妊診断

子宮頸性不妊検査、子宮頸性不妊診断

  • 2021-09-11 08:26:54
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮頸性不妊の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 子宮頸性不妊のケア−ケアの注意点−食事のタブー

子宮頸性不妊のよくある検査

子宮頸性不妊検査

1.子宮頸粘検査

子宮頸部粘液検査には、頸管粘液の性状検査と精子と子宮頸部粘液の適合性検査が含まれる。頸管粘液の性状検査は子宮頸部粘液分泌量、透明度、粘稠性、伸展性を観察し、卵巣排卵機能を反映する。月経周期中に基礎体温と結びつけて連続的に観察すれば、より正確性が高まる。

2.膣検査

膣検査は子宮頸部の位置、形状、外口の大きさ、分泌物の量、性状及び子宮頸部びらん、増殖物の有無などを観察することができ、子宮頸部挙痛と子宮傍圧痛の有無に注意し、同時に子宮頸管粘液の細菌学検査を行い、必要な時に掻き取り或いは膣鏡検査を行う。

3.性交後試験(PCT)

子宮頸性不妊検査後性交試験(PCT)は、予測された排卵期に実施され、精子と子宮頸粘液との適合関係が正常であるか否かを判定することができる。禁欲3−7d、性交後2−8h以内に、内視鏡を用いて子宮頸を露出し、先に膣後脳弓液を取り、活動精子の有無を検査し、もし精子があれば性交成功を説明する。

その後、頸管深部の子宮頚粘液を吸引し、顕微鏡検査を行い、高倍視野ごとに20本以上の活動精子が正常であり、精子と子宮頚粘液の相容性が良好であることを説明した。不適合を示すものが5つ未満の場合、不妊の原因となる可能性がある。試験の検査時間について、判断基準はまだたくさん不足しているが、しかしPCTは依然として現在臨床でよく使われる子宮頚性不妊検査の重要な方法である。

4.造影検査

子宮頸性不妊検査造影は非常によく頸管の長さ、形状などを表示でき、頸管内の増殖生物に対して、先天性奇形狭窄、癒着と子宮屈曲などを明確に診断できる。造影により頸管、子宮体の長さや割合も測定でき、特にプローブ検査に失敗した性器異形成や頸管狭窄患者では造影検査が成功することが多い。

5.プローブ検査

子宮頚性不妊検査プローブ検査は簡便で実用的であり、子宮頚管の行径方向、長さ及び子宮頚との比率、狭窄の有無、癒着及び子宮頚内口の緊張度を測定することができ、異常を疑う者に対して、更なる造影検査を考慮すべきである。子宮卵管造影検査は子宮や卵管病変を発見するだけでなく、頸管造影は不妊治療症の研究にも極めて有利である。

  1. 子宮頸性不妊の合併症、子宮頸性不妊がどんな病気を引き起こすのか
  2. 子宮頸性不妊の病因、子宮頸性不妊にはどのような原因があるのか
  3. 子宮頸性不妊の症状、子宮頸性不妊の初期症状、バイタルサイン
  4. 子宮頸性不妊の診断と鑑別-子宮頸性不妊の紛らわしい疾患
  5. 子宮頸性不妊を予防するにはどうすればよいか、子宮頸性不妊のケア策

お問い合わせ