子宮頸性不妊のケア−ケアの注意点−食事のタブー

子宮頸性不妊のケア−ケアの注意点−食事のタブー

  • 2021-09-11 08:27:27
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮頸性不妊検査、子宮頸性不妊診断
  2. 子宮頸性不妊治療法子宮頸性不妊治療法子宮頸性不妊治療法

子宮頸性不妊の一般的なケア

子宮頸性不妊治療

1、美容院には頻繁に行かない。多くの美容院では「速白」効果を追求するため、自作のいわゆる「天然」パックなどにエストロゲンを多く配合すると、子宮壁の粘り強さが低下したり、弱くなったりすることがあります。

2、性のパートナーの数は惊くべきではなくて、男性の粘は女性の体内に入った後、子宮頸部に一定の适応性が生じるが、粘液の種類が多すぎて、子宮頸部は适応力を失うことができて、うっかりすると炎症があります。

3、サンマやマグロなどの深海魚にはOmega-3脂肪酸が多く含まれており、女性のプロスタグランジン分泌量を抑えています。プロスタグランジンの分泌が少ないほど、35歳以降に子宮内膜症にかかる危険が低くなる。

4、水泳は子宮を鍛える最も効果的な運働方式です。週2時間の水泳を確保すれば、子宮収縮力は1割以上アップする。子宮収縮の力が強くなるだけでなく、生理痛を軽減し、生理前後の腰痛を緩和することができます。また、将来の出産も楽になります。

5、持続的に服用する長期避妊薬を8年以上、女性の体内ホルモンは「鈍化」を引き起こし、内分泌の乱れを起こし、子宮筋腫の危険を増加させるため、同じ避妊薬を8年以上服用しないでください。専門家は、年に1回避妊方法を変えることで、子宮内膜をよりよく守ることができるとアドバイスしている。

6、両膝を自然に离し、ベッドの上で快適にひざまずき、腰をまっすぐに伸ばし、胸と顔をベッドの面にできるだけ近づけるように前にかがみ、5分間保持する。次にベッドに横たわり、腹をくくって尻を上げる運動をして、空中でできるだけ長く保つと、体とともに子宮が収縮するのを感じます。週3回、子宮体操を2カ月続けて行うと、生理痛の症状が緩和される。

7、子宮の炎症を誘発する細菌の多くは男性の包皮の污れに由来するので、親しくする前に、彼に個人の衛生を促し、しっかりと局部を清潔にするようにしてください。

8、我慢内急の場合、尿中の残渣が膀胱に沈着しやすく、尿路感染症を引き起こす。女性は尿道と膣が近くにあり、尿路感染が生殖系に広がり、炎症を起こしやすい。無理に我慢すると膀胱が膨らみ、子宮をある程度圧迫することもあります。

9、長期の喫煙は子宮受難の危険性を15倍に高める。

10、体がやせすぎて、十分な量の脂肪の保護を欠いて、子宮は正常な位置から膣に沿って下降しやすくて、子宮の脱垂が現れて、深刻な時に子宮頸はまた感染して、甚だしきに至っては子宮頸炎を患うことができます。

  1. 子宮頸性不妊の合併症、子宮頸性不妊がどんな病気を引き起こすのか
  2. 子宮頸性不妊の病因、子宮頸性不妊にはどのような原因があるのか
  3. 子宮頸性不妊の症状、子宮頸性不妊の初期症状、バイタルサイン
  4. 子宮頸性不妊の紹介−症状−治療−ケア−食事
  5. 子宮頸性不妊の診断と鑑別-子宮頸性不妊の紛らわしい疾患
分類

お問い合わせ