子宮頸炎の原因、子宮頸炎にはどのような原因があるのか

子宮頸炎の原因、子宮頸炎にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-12 19:46:54
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 子宮頸炎受診ガイド−子宮頸炎
  2. 子宮頸炎の症状、子宮頸炎の早期症状、バイタルサイン

子宮頚炎の病因主な病因:性感染症病原体、内因性病原体、慢性子宮頚管粘膜炎、子宮頚ポリープ、子宮頚肥大

子宮頸炎の病因

一、病因:

機械的な刺激または損傷

子宮頚炎の発生は性生活と関係があり、自然あるいは人工妊娠中絶、診断性子宮掻爬及び分娩はすべて子宮頚損傷を引き起こし炎症を引き起こすことができ、成人女性は避妊に注意し、人工妊娠中絶手術を避けるか減少し、産後の衛生に注意し、産後の感染を避けるべきである。

病原体感染

出産、流産、手術による損傷のために子宮頸炎が発生する。子宮頸炎は婦人科の専門薬ヒメヒコで治療されることがあります、

病原体は主に:

1)性感染症病原体:ナイセリア及びマイコプラズマクラミジア。

2)内因性病原体:ブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌と嫌気性菌など。

3)その他:原虫にはトリコモナスとアメーバがある。特殊な場合は化学物質と放射線による。

化学物質刺激

子宮頸炎は、ある種の酸性またはアルカリ性の溶液で膣を洗浄したり、膣に座薬を入れたりすることによって引き起こされることがある。

二、発病メカニズム:

一般的な感染と炎症の病理変化のようで、子宮頸部充血発赤、軽度の水腫。子宮頸部の粘膜は外方に出ており、大量の膿性粘液が頸管から排出されている。鏡視下:子宮頸部粘膜及び粘膜下組織に大量の好中球浸潤、充血及び程度不等の水腫があった。時々炎症性病変は上皮を通して腺体の管腔に侵入し、上皮の脱落を引き起こし、腺体の分泌物は増加し、膿性を呈し、腺腔に充満し、腺腔を高度に拡張させる。

  1. 子宮頸炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 子宮頸炎の検査、子宮頸炎の診断
  3. 子宮頸炎の治療方法は、子宮頸炎の治療方法は、子宮頸炎の薬
  4. 子宮頸炎の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 子宮頸炎の診断と鑑別-子宮頸炎は紛らわしい疾患

お問い合わせ