子宮頸がんの診断・鑑別-子宮頸がん紛らわしい疾患

子宮頸がんの診断・鑑別-子宮頸がん紛らわしい疾患

  • 2021-08-12 16:07:34
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 子宮頸がん紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 子宮頸がんの治療方法、子宮頸がんの治療方法、子宮頸がんの薬

子宮頸癌の鑑別

1、子宮癌合併妊娠は比較的に珍しく、国内の報道は子宮頸癌総数の0.92%〜7.05%を占め、国外の文献の報道は1.01%を占めた。患者は切迫流産或いは産前出血のため診察を受けることができ、膣の塗抹標本と生体組織の検査は確定的な診断ができ、早期妊婦の女性は膣の出血があれば通常の内視鏡検査を行い、子宮頸部の掻爬細胞学検査を行うべきである。

2、妊娠は子宮頸がんの影響、妊娠時の骨盤内の血液供給とリンパ流速の増加のため、がんの転移を促進する可能性があります;しかも分娩時に癌性腫瘍の拡散、深刻な出血及び産後感染が発生する。妊娠時にエストロゲンの影響を受け、子宮頸部移行と細胞増殖が活発であるため、原位癌病変に類似することができ、しかし方向性分化があり、極性も保持し、これらの変化は産後に回復することができる。妊娠期にも原位置がんを合併することがあり、産後回復しない。注意して区別しなければならない。

3、治療方法は癌の進展状況と妊娠月数によって決めなければならない。I期とIIa期に早期妊娠を合併する者は根治術を用いることができる;あるいは先に放射線治療を行い、胎児の死亡を待って自然に排除した後、再び根治術を行うか、あるいは放射線治療を続ける。早期妊娠者は子宮を解剖して胎児を取り、同時に根治術を行う。各期の子宮頸癌合併末期或いはすでに出産した者は、すべて帝王切開術を行い、その後再び手術或いは放射線治療を行うべきである。

  1. 子宮頸がんのケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 子宮頸がんの原因、子宮頸がんにはどのような原因があるのか
  3. 子宮頸がんの合併症、子宮頸がんはどんな病気を引き起こすのか
  4. 子宮頸がんの症状、子宮頸がんの早期症状、バイタルサイン
  5. 子宮頸がんの食事、食事療法、子宮頸がんは何を食べればいいのか
分類

お問い合わせ