小児プレストレス症候群治療法小児プレストレス症候群治療法小児プレストレス症候群治療法

小児プレストレス症候群治療法小児プレストレス症候群治療法小児プレストレス症候群治療法

  • 2021-08-03 21:41:12
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 小児プレストレス症候群の検査、小児プレストレス症候群の診断
  2. 小児プレストレス症候群の食事、食事療法、小児プレストレス症候群の食事は何がいいですか

小児プレ症候群の診療知識

受診科:小児科心血管内科治療費用:市三甲医院約(1000-5000元)治愈率:治療周期:治療方法:薬物治療小児プレストレス症候群の一般的な治療

一、治療

プレストレス自体に特別な治療は必要ありません。上室性頻脈を合併する場合、治療は一般的な上室性頻脈と同じである。心房細動或いは房床拍動を併発する場合、例えば心室率が速く、しかも循環障害を伴う場合、できるだけ早く同期直流復律法を採用すべきである。リドカイン、プロカインアミン、プロペノンとアミオダロンはバイパスの伝導を遅くし、心室率を遅くし、あるいは心房細動と房拍動を洞性不整脈に回復させることができる。ジギタリスはバイパス伝導を加速し、ベラパミルとプロプラノロールは房室結節内の伝導を減速し、すべて心室率を明らかに増加させ、甚だしきに至っては心室細動に発展する可能性があるため、使用するのは適当ではない。例えば上心室性頻脈あるいは心房細動、房跳躍発作が頻繁に発生する場合、上述の抗不整脈薬を長期経口投与して発作を予防するのが適当である。薬物のコントロールができない、電気生理検査によりバイパス不応期が短いと確定した、或いはバイパス不応期は急速心房調整時間の短縮、或いは心房細動発作時の心室率が200回/minぐらいに達する者は、定位後に電気、無線周波数、レーザー或いは冷凍焼灼、或いは手術によりバイパスを切断し、発作を予防する適応徴候がある。これは現在唯一の比較的安全かつ有効な根治方法であり、成功率は高いが合併症は低い。

1、プロペノン

プロペノンはIc類に属し、比較的に強いナトリウムチャネル遮断薬であり、明らかにバイパス伝導速度を低下させ、房室の前方伝導或いは室室の逆方向伝導を遮断させる。プロペノンは安全に房室結腸ブロック、房室折り返し性頻脈を終止することができ、良好な効果があり、しかも副作用が比較的に少ない。投薬量は1〜1.5mg/kgであり、等倍ブドウ糖溶液で希釈し、ゆっくり静脈注射し、無効10〜20min後に繰り返し投薬することができ、総量 【小于】 ;5mg/kg。一部の投薬後に頻脈を繰り返し発症した著者は、上述の用量を静脈内に注入した後、持続的に静脈点滴することができ、用量は4〜7μg/(kg・min)である。

注意事項:

(1)プロペノンの副作用は比較的に少なく、主な者は口が乾いて、舌唇がしびれて、その局部麻酔作用によるのかもしれない。このほか、初期の副作用として、頭痛、めまい、きらめき、その後、吐き気、嘔吐便秘などの消化管障害が出現する。

(2)心筋の深刻な損害者は慎重に使用する。

(3)洞結節機能障害、重度の房ブロック、二本脚ブロック、心源性ショック禁止;深刻な徐脈、肝、腎機能不全、明らかな低血圧の患者は慎重に使用する。

2、ジゴキシン

ジゴキシンはすべての上室性頻脈(SVT)患者の治療に用いられる。 【小于】 ;1歳の乳児は、心房室の折り返し性頻脈は常に「無停止性」を呈し、ジゴキシンにより有効に終止することができる。ジゴキシンは心房とバイパスの不応期を短縮するが、その有効な電気生理効果は房室結節の不応期を延長し、その伝導を遅くすることにある。ジゴキシンのこの広範な効果は折り返しループの電気生理的条件を変化させ、それによって頻脈を停止させる。近年、ジゴキシンは狭窄QRS頻脈の終止に広く用いられており、器質性心臓病のない患者では、明らかな副作用がないことが多い。ジゴキシンは頻脈を終止するのに要する時間が長いため、現在は明らかな心機能不全を伴う場合を除いて、第一選択薬として比較的に少なくなった。プレストレス症候群に房跳躍、心房細動または逆型房室反回性頻脈が合併している場合には禁止される。

注意事項:

(1)酸、塩基類と配合しないこと。

(2)慎重な使用:

低カリウム血症

②不完全な房室ブロック

高カルシウム血症

④甲状腺の機能低下、

⑤虚血性心疾患、

心筋梗塞

心筋炎

⑧腎機能障害。

(3)投薬中は、フォローアップ検査に注意しなければならない:

①血圧、心拍数及び心拍数、

②心電図;

③心機能モニタリング、

④電解質は特にカリウム、カルシウム、マグネシウム、

⑤腎機能、

⑥ジギタリス中毒の疑いがある場合は、ジゴキシンの血中濃度を測定する。

過剰の場合、蓄積性が小さいため、−同様に中止後1−2日で中毒所見は消退する。

(4)応用時にジゴキシン血中濃度のモニタリングに注意する。

(5)本製品の用量は個別化しなければならない。

3、アデノシンまたは三リンアデノシン

アデノシンは心筋細胞のアデノシン受容体に作用し、洞房結節自律性と房室結節伝導を抑制することで頻脈を停止させる。アデノシン三リン(ATP)は体内に入ると速やかに分解してアデノシンを生成する。三リンアデノシン(ATP)は房室の反回性頻脈を終止する治療効果が良く、効果が早く、その半減期が短いため、治療効果の持続時間 【小于】 ;1min.頻脈を終止する過程は100%不整脈を併発し、多くは一時的な洞停止或いは房室ブロックであり、特別な処置を必要としない。アデノシン三リン(ATP)の投与量は0.2〜0である.4mg/kg、希釈せず、迅速に「弾丸式」に押し込む。アデノシン投与量は50〜250μg/kgである。

注意事項:

使用禁止:洞症候群、洞結節機能不全及び高齢者の使用は禁忌である。

副作用:速すぎる注入は低血圧、眩暈、息苦しさを引き起こすことがある。頭蓋内圧の上昇を引き起こすことがある。

4、アミオダロン

アミオダロンはIII類抗不整脈薬であり、電気生理効果は心筋再極時間を延長することであり、房室結節と房室バイパスの双方向伝導を明らかに抑制し、頻脈を終止するのは比較的に高い効果がある。他の抗不整脈薬が効かない場合には、アミオダロンの静脈内投与を選択することができる。投与量:5mg/kg、ブドウ糖溶液希釈ゆっくり静脈点滴(30min)。必要に応じて10〜15mg/(kg・d)を維持する。

二、予後

プレストレス症候群に器質性心臓病を合併しない者は、一般的に予後が比較的に良く、一部の患者は年齢の増加に伴い自然に消失し、たまに心房細動による心室細動により死亡する者がある。もし併存心臓病患者の予後は心臓病の重症度と関係があるならば、その厳重度は原発心臓病によって決まる。少数の患者だけが深刻な不整脈を発生し、甚だしきに至っては突然死することができる。乳児期の房室バイパスを介した頻脈は、生後1年以内の自然消失率が60%〜90%と高いことが知られている。しかし、頻脈が1歳以内に自然消失した患児の約1/3は、その後、特に4〜6歳で再燃する。年齢>;5歳で房室の折り返し性頻脈あるいは器質性心臓病を伴い、例えばEbstein奇形合併のプレストレス症候群、頻脈が自然に消失する可能性は極めて低く、この時はラジオ波カテーテル切除術による治療を考慮すべきである。

  1. 小児プレ症候群の紹介−症状−治療−看護−食事−
  2. 小児プレストレス症候群の原因、小児プレストレス症候群にはどのような原因があるのか
  3. 小児プレストレス症候群を予防するにはどうすればよいか、小児プレストレス症候群のケア策
  4. 小児プレストレス症候群の症状、小児プレストレス症候群の早期症状、バイタルサイン
  5. 小児プレ症候群の合併症、小児プレ症候群がどのような病気を引き起こすのか
分類

お問い合わせ