小児出血性疾患の症状、小児出血性疾患の早期症状、バイタルサイン

小児出血性疾患の症状、小児出血性疾患の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-02 19:38:52
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 小児出血性疾患のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 小児出血性疾患紹介−症状−治療−看護−食事

小児出血性疾患の症状

典型的な症状:皮膚に出血点がある、結膜が青白く、だるい

関連症状:関節奇形歯肉出血血小板減少頭蓋内出血網膜出血凝血障害リンパ節腫大うっ血斑

一、症状

サビの原因がなく、幼児の体の一部または全部に分散性またはびまん性の出血点が現れたり、幼児が軽い怪我をした後に出血が止まらなかったりする場合は、程度にかかわらず出血性疾患に該当する。

幼児の出血性疾患は時に他の疾患の症状と他の原因による変化とよく似ており、区別しなければならない。例えば、出血性疾患を患っている幼児の皮膚の出血点は、虫に刺された赤い点とよく似ており、よく観察してみると、両者は異なっていることがわかる。虫に刺された後の赤い点は中央が隆起し、指圧後に部分的に赤い色が消え、数秒後にまた赤くなる:出血性疾患を患う幼児の皮膚の出血点は色あせない。

一部の幼児は生まれた時、皮膚に青紫色の塊(その中で臀部が最も多い)があり、胎生青記と呼ばれ、多くの場合、乳児はl歳の内に胎記は自発的に消退するが、しかし一生存在することもあり、胎記をうっ血と誤診しないでください。

出血性疾患の臨床上の出血は各種の表現がある:

1.うっ血点・うっ血斑

毛細血管性、血小板減少或いは血小板質異常は、常にうっ血点、小さい、散在するうっ血斑として表現され、血管要素による出血に発生し、血小板減少症と血小板病にも見られる。大きな片状うっ血斑は凝血障害性の出血に認められる。広範で大きな片状うっ血斑はびまん性血管内凝固とフィブリン溶解症によく見られる。

2.鼻血

口腔粘膜出血鼻出血、歯肉血、口腔粘膜血疱、舌粘膜血疱は血管及び血小板要素による出血が見られる。

3.関節・筋肉出血

一般的に膝、足首、寛骨、肘、手首などの体重圧力を受ける或いは外傷を受けやすい大きな関節に発生し、重篤な遺伝性凝固因子欠乏症、特に血友病甲と乙に多く見られる。関節出血はしばしば関節奇形を引き起こす。抗凝固物質の過剰と血友病の甲と乙は筋肉出血を引き起こすことがある。

4.網膜出血

血小板減少性紫斑病に多く見られる。

5.頭蓋内出血

血小板減少性紫斑病及び血友病に見られる。

6.消化管および泌尿器からの出血

あらゆる要因による出血が見られる。

7.外傷後の出血

手術後出血は各種出血性疾患のよく見られる表現である。手術中及び手術後にフィブリン溶解或いはびまん性血管内凝固が発生すれば、傷口の滲血は止まらず、局部圧迫は無効であり、手術の傷口に血塊の形成が見られない。表在性切傷は出血を引き起こし、血管と血小板要素による出血性疾患によく見られる。病歴、健康診断と出血の特徴により、この出血性疾患がどのような種類に属するかを初歩的に推測でき、必要な実験室検査と合わせて、初歩的な分析を行った。さらに検査をして確定診断を下す。上述した5種類の出血性疾患の特徴を参考にして、疾患の診断を得ることができる。臨床医学のすべての領域と同様に、一人の臨床医師が活動性出血がある或いは大量出血の病歴がある乳児、児童或いは青少年を診察する時、その病歴をよく調べ、詳細な体格検査を行うべきである。病歴を採集する時、出血の原因及び初出血時の年齢、出血部位、持続時間、出血頻度及び家族歴の有無などを注意して理解すべきである。体格検査を行う際には、出血の部位、肝臓、脾臓、リンパ節の腫脹などを伴っていないか、関節奇形、皮膚、粘膜毛細血管の拡張などの検査を行うとともに、その他のバイタルサインの変化にも注意しなければならない。よく見られる出血性疾患の臨床特徴を表3に示す。出血性疾患患者の症状とバイタルサインは早期に明確に診断するのに極めて重要である。

8.出血性疾患の病歴を調べる

もし幼い時から出血があって、軽微な損傷、外傷或いは小さい手術後に流血が止まらない。遺伝性出血性疾患と考えるべきである成人後の出血は獲得性が多いと考えるべきで、原発病を探す必要がある;皮膚、粘膜の紫斑病に腹痛、関節痛を伴い、血小板正常者はアレルギー性紫斑病を考慮すべきである;皮膚粘膜紫斑病、月経量が多く、血小板数が低いと血小板減少性紫斑病が考えられ、女性に多い。

9.健康診断

出血の性状と部位に注意しなければならない。アレルギー性紫斑は両下肢と臀部によく発生し、大きさは様々で、対称的に分布し、皮疹と蕁麻疹を伴うことがある。血小板減少性紫斑或いは血小板機能障害性疾患は常に針先様出血点であり、全身性散在性分布を呈している。

10.壊血病は毛包周囲出血を示す

遺す伝性毛細血管拡張症では唇、舌および頬に血管母斑がある。肝脾腫、リンパ節腫大、黄疸などは臨床上の原発性疾患の診断を提供することができる。

  1. 小児出血性疾患の合併症、小児出血性疾患はどのような疾患を引き起こすのか
  2. 小児出血性疾患の検査、小児出血性疾患の診断
  3. 小児出血性疾患の治療方法、小児出血性疾患の治療方法、小児出血性疾患の薬
  4. 小児出血性疾患の病因、小児出血性疾患にはどのような原因があるのか
  5. 小児出血性疾患の診断と鑑別−小児出血性疾患混同しやすい疾患−
分類

お問い合わせ