年齢関連白内障検査、年齢関連白内障診断

年齢関連白内障検査、年齢関連白内障診断

  • 2021-08-15 01:06:43
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 加齢白内障のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 加齢白内障の紹介−症状−治療−ケア−食事

年齢関連性白内障一般検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
尿常規その他泌尿器科泌尿器系によく使われる...
OCT眼科外科保健科OCTは...
眼底検査眼科外科保健科眼底検査は検査...
眼圧----眼圧の作用主は...
年齢検査全身----年齢検査とは...
水晶体検査眼科外科水晶体の裂け目...
年齢関連白内障検査

一、検査:

多くは白内障手術に関連して必要な全身検査、例えば血液検査、血液生化学検査、尿検査などの検査を行う。患者の身体の基本的な状態を知ることができ、白内障発症の他の危険因子を排除することができる。

手術中の異常や術後の視力を予測することができる。

1.眼圧検査:

高眼圧による視機能障害を排除する。

2.隅角検査:

房角鏡、超音波生物顕微鏡(ultrasound biomicroscopy,UBM)を用いて房角の検査を行い、虹彩角膜角の幅と開放程度を理解し、主に緑内障を伴う患者の中で、手術方式の制定に根拠を提供する。

超音波生物顕微鏡検査は現在眼前段の組織構造を理解する重要な方法の一つであり、それは虹彩、房角、水晶体及びその懸靭帯情況を検査でき、特に眼前段の屈折間質混濁或いは小瞳孔時に、白内障手術前の重要な補助診断手段である。

3.超音波検査(B-ultrasonic Scanning):

白内障患者は1種の常規検査方法であり、ガラス体積血、網膜剥離と眼内腫瘍などの疾患を排除することができる。水晶体が明らかに濁っていて、眼底鏡検査で眼底の状態がはっきりしない場合は特に重要である。

4.眼の特殊検査:

手術の効果に疑念があり、あるいは特別な要求があり、他の眼疾患を合併する疑いのある患者は、関連する検査を行う。

1)角膜内皮細胞検査:

細胞密度(Cell density,CD)と六辺型細胞(Hexagocyte)の割合を観察した。角膜内皮が1000/mm2以下の場合、白内障手術方式を慎重に考慮し、術後角膜代償不全による手術効果と術後回復への影響を避けるべきである。

臨床では主に水晶体核が硬い或いは異常角膜内皮細胞群、例えば高齢老人(80歳以上)、二次内眼手術患者、角膜病変を合併する患者及び眼部外傷歴のある患者に応用される。

2)網膜視力検査:

特定の画像や視標を網膜に投影し、屈折間質が混濁しているかどうかに関わらず、網膜の視力を直接検査することで、患者が手術後に達成できる最善の視力を知ることは、術前に黄斑の機能を評価する重要な検査方法である。一般的には、次の2つの方法があります:

①レーザー網膜視力計:レーザー干渉原理を応用し、混濁した屈折間質の間の透明な裂け目を光が通過し、異なる空間周波数の平行な線の方向を患者に認識させて視力を得る

②潜在視力計(Potential acuity meter,PAM):水晶体の混濁した透明な部位を通って、0.1mmの点光源を網膜に投射し、Snellen視力表を内蔵して患者に認識させて視力を得る。この2種類の方法で得られた視力は患者の術後視力にほぼ相当するが、一部の状況では手術後に回復した視力と明らかな差異がある:

①混濁緻密な白内障、ガラス体積血、散瞳不十分の患者は、光線透過力が限られているため、網膜視力は一般的に術後視力より低い。術前の視力が0.1以上の場合、90%の患者が検査した網膜視力は手術後の視力とほぼ同じ(2行の視力範囲内)であった。術前の視力が0.1より低い時、わずか60%の患者が測定した網膜視力が術後の視力と一致した。

②高度近視者や黄斑浮腫患者など、眼底が特殊に変化した患者では、網膜視力が術後の視力よりも高くなることがある。これらの患者は網膜視力が0.5以下であることが多いが、黄斑の中心凹所から離れた光受容体でも0.3〜0.5の視力を出すことができるからだ。臨床では主に術後の視力を理解したい患者及び眼底病変が視力に影響を与えると疑う患者に応用される。

3)視野検査:

水晶体の混濁が軽く一定の視力を有する患者では、視野検査を行うことで白内障を合併した他の疾患を発見することができる。中心暗点には黄斑病変の存在、生理的盲点の拡大や視野の特徴的な欠損には緑内障やその他の眼底病変の存在が警戒される。白内障も視野の変化をきたすため、スリットランプで観察された水晶体の混濁部位との鑑別が必要である。

4)網膜電流図(ERG)検査:

現在、フラッシュ、グラフィック、多焦点の3種類のERGがあり、網膜の錐体細胞の機能、棒体細胞を記録することができる機能とハイブリッド機能。フラッシュERGは網膜全体の機能を反映している。図形ERGは主に黄斑の機能を反映する。多焦点ERGは同時に中央30°視野内の100余りの網膜座点のERGを記録でき、術後の網膜の機能状況の診断と判断に有利である。臨床でよく応用されるのは閃光ERGであり、例えば術前ERGが正常或いは軽度低下し、術後視力回復が比較的に良いと推定し、もし術前ERGが明らかに低下或いは記録が足りなければ、術後の視力回復は理想的ではないと推定する。

臨床では主に網膜色素変性或いは全網膜剥離者に応用され、明視と暗視反応の低下或いは消失を表現する。網膜血管性病変の患者は主に振動電位の低下を示す。しかし、非常に緻密な白内障のERG検査では、網膜に光が届きにくいため、偽陽性の結果が出る。

5)視覚誘発電位検査(VEP):

VEPにはフラッシュVEPとグラフィックVEPがあり、網膜から視皮質までの神経経路の機能を記録する。黄斑部や視神経に病変が出現すると、振幅の低下や潜伏期の延長として現れることがある。患者の術前視力が0.1より小さい場合、一般的に閃光VEP検査を採用する。患者の視力が比較的に良い場合、図形VEP検査を採用することができる。そのため、水晶体が明らかに混濁している時、VEP検査は術後の視機能の回復程度に対して比較的に正確な予測性がある。

6)光コヒーレント断層撮影装置による検査:

近赤外光を用いて眼前後段構造の断層撮影を行うことは、高解像度断面イメージングの画像学的検査方法である。生体内で網膜各層の微細構造を視覚的に表示することができ、特に黄斑部疾患の診断に顕著な臨床価値がある。臨床応用は黄斑裂孔、老年黄斑変性、網膜前膜を疑う患者である。

7)眼底検査及び眼底血管造影検査:

条件が許す場合には行うことが考えられる。

①眼底検査:直接眼底鏡あるいは間接眼底鏡の赤色光反射法を応用し、水晶体の混濁程度を調べた。眼底鏡検査において、特に水晶体の混濁が視力低下に合致しない場合に眼底病変を排除する。術後の視力回復を影響するよく見られる眼底変化は:

A.糖尿病網膜症

B.高度な近視眼底病変;

C.老人性黄斑病;

D.黄斑裂孔;

E.網膜中心静脈閉塞

F.虚血性視神経障害;

G.網膜剥離。

②眼底血管造影検査:眼底鏡を用いて眼底を検査する場合、観察されるのは静止と表面の現象であるが、眼底血管造影は動態と内在的な状況を提供する。造影剤が網膜や脈絡膜に展開する性質を利用することにより、網膜や脈絡膜の血管の状態を網羅的に把握することができ、異常な新生血管や血管漏出の発見に役立てることができる。造影法は2種類に分けられる:

A.フルオレセイン血管造影(Fundus fluorescence angiography,FFA):フルオレセインを造影剤とし、主に網膜血管情況を反映する。

臨床応用:糖尿病網膜病変、網膜中央動脈閉塞、網膜静脈閉塞、老年黄斑変性(乾性型)。

B.インドール青緑血管造影(Indocyanine green angiography,ICGA):インドール青緑を造影剤とし、主に脈絡膜血管情況を反映し、出血性眼底疾患に応用されることが多い。

臨床応用:老年黄斑変性(湿性型)、中浸透性網膜脈絡膜病変、高度近視新生血管膜。

  1. 加齢性白内障の原因、加齢性白内障にはどのような原因があるのか
  2. 加齢性白内障の症状、加齢性白内障の早期症状、バイタルサイン
  3. 加齢性白内障の診断と鑑別−加齢性白内障の混同されやすい疾患−
  4. 加齢性白内障の食事、食事療法、加齢性白内障は何を食べればいいのか
  5. 加齢性白内障を予防するにはどうすればよいか、加齢性白内障のケア対策
分類

お問い合わせ