幼年性黄色肉芽腫の治療法、幼年性黄色肉芽腫の治療法、幼年性黄色肉芽腫の治療法、幼年性黄色肉芽腫の治療法

幼年性黄色肉芽腫の治療法、幼年性黄色肉芽腫の治療法、幼年性黄色肉芽腫の治療法、幼年性黄色肉芽腫の治療法

  • 2021-08-15 07:32:52
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 幼年性黄色肉芽腫の診断と鑑別−幼年性黄色肉芽腫は混同されやすい疾患−
  2. 幼少性黄色肉芽腫のケア−ケアの注意点−食事のタブー

若年性黄色肉芽腫の診療知識

受診科:眼科治療費:市三甲医院約(4000~9000元)治愈率:治療周期:治療方法:病因治療、対症治療、外科治療、中医薬物治療若年性黄色肉芽腫の一般的な治療

一、治療:

1.病因に対する治療:まず関連する類脂質代謝障害の原因を探すべきで、例えば飲食、遺伝、糖尿病など、病因に対する治療を与える;体重が高すぎる者は体重を減らし、食事を調節し、低脂肪、低熱エネルギー、低コレステロールの食事をとり、そして血中脂質低下薬を応用すべきである。血漿脂質が正常に下がる時、数週間以内に皮疹は消退することができます;

2.対症治療:眼窩病変は少量の放射線或いはグルココルチコイドによる局部或いは全身治療を行う。もし前房の大量出血、眼圧が高いならば、角膜血染と視力喪失の情況を引き起こすことができて、眼圧降下の薬物を使用する以外、適当な時に前房穿刺して血液或いは血塊を取り出すことができる;

3.外科治療:もし腫瘍の体積が比較的に大きいならば外科的に切除することができて、皮下損害は電気焼灼、電気凝固術などの方法で治療することができる。

二、予後:

1.病変が非常に広範で、特に皮膚の大量の結節が出現して、眼部の病変は眼の機能に影響がなくて、治療が困難あるいは治療に明らかな副作用がある時、フォローアップして観察することができて、幼年性黄色肉芽腫は非侵襲性病変のため、そして自発的に好転することができて、皮膚の病変は4-6歳の時に次第に消えて、思春期の時にすべての病変は完全に自然に回復することができます。

幼若性黄色肉芽腫の弁証的治療

降血脂単味漢方薬には杜仲、首烏、虎杖、丹参、サンザシ、瓜瓜絡、石鹸角、草決明、沢潟などがある。漢方薬には脈安打剤などがあり、具体的な状況に応じて選択して使用することができる。

  1. 幼年性黄色肉芽腫の予防方法幼年性黄色肉芽腫のケア策
  2. 幼年性黄色肉芽腫の合併症、幼年性黄色肉芽腫はどんな病気を引き起こすのか
  3. 幼年性黄色肉芽腫の病因、幼年性黄色肉芽腫にはどのような原因があるのか
  4. 幼年性黄色肉芽腫の症状、幼年性黄色肉芽腫の早期症状、バイタルサイン
  5. 幼年性黄色肉芽腫の食事、食事療法、幼年性黄色肉芽腫は何を食べればいいのか

お問い合わせ