後発性白内障の症状、後発性白内障の早期症状、バイタルサイン

後発性白内障の症状、後発性白内障の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-15 03:54:56
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 後発性白内障の検査、後発性白内障の診断
  2. 後発性白内障の食事、食事療法、後発性白内障は何を食べればいいのか

後発性白内障症状

典型的な症状:白内障術後の視力の漸進的低下

関連症状:水晶体混濁水晶体しわくちゃ角膜混濁複視視力障害物を見るとゴースト色覚喪失

1.症状:

1.水晶体嚢の残り:成功した嚢外摘出術は、虹彩の後の周辺部に残された前嚢のわずかな術後、瞳孔領域で、虹彩とガラス状体の間に水晶体後嚢があり、糸のように細密で、薄い透明で、ハエの翅のような膜を呈している。この膜は非常に透明であり、細隙灯顕微鏡でその背後のガラス状体の前膜およびガラス体構造を見ることができる。この場合はよく視力を保つことができます。水晶体嚢にはひだが発生することがあり、カラー反射が現れることもしばしばある。

時々、残存水晶体嚢の厚さと硬さが一致しないことがあり、ある場所では嚢膜が薄く透明あるいはわずかに濁っており、ある場所では厚く白っぽく堅固になっており、嚢下上皮の肥厚あるいは堅固な場所は常に嚢下上皮の増生によるものである。嚢下に増殖した上皮は後嚢全体を覆い、引き裂かれた前嚢縁を迂回して前嚢を覆うこともある。上皮の増生と同時に水晶体嚢の増生もある。前嚢の上皮細胞が後嚢を覆っており、上皮細胞が活発に増殖し、後嚢が濁って視力に影響を与える。前嚢が後嚢に付着している場合、裂隙灯検査では膜状で透明であるが、少ししわがあることがある。前嚢上皮は前後嚢の間に挟まっている。前後の嚢の間には仕切りがある。上皮増殖が明らかであれば混濁が出現する。

2.水晶体上皮と皮質の再生

1)Elschnig珠:水晶体外傷あるいは白内障の嚢外摘出後、皮質が吸収し、嚢内はまだ存在していた。個々の上皮細胞が増殖し、円や楕円、透明、風船やシャボン玉のような形をしている;多くはブドウや蛙の卵のように、山になって現れる。視力低下の程度は泡の多寡と相関している。

Elschnig珠は一般的に透明な空胞状を呈し、時にわずかに混濁しており、術後数日後に出現することがあるが、大多数は術後1カ月に出現する。最初は裂けた水晶体嚢の縁部で発生し、その後徐々に増加して瞳孔区全体を占めることもあるが、自発的に消失することもある。この小さな球体は多くの二次性白内障に見られる。この小球が成長するのは、増殖したレンズ上皮細胞が正常なレンズ内部の張力を欠いて細長いレンズ繊維を形成できず、球状に集積するためである。

2)皮質残留と再生の皮質:嚢外摘出あるいは外傷性白内障摘出後、残留皮質が吸収されない可能性があり、前嚢と後嚢はすでに密接に接着し、房水は引き続き皮質と作用することができず、皮質は再び吸収されない。このとき、混濁は不規則な束状または塊状を呈する。同時に前嚢下の上皮にも新たな水晶体線維が形成される可能性があるが、発育が正常ではないため、塊状混濁を呈している。これらの濁った皮質は退化を続け、石灰化や骨化もある。

3)Soemmering環:先天性白内障、外傷性白内障または老年性白内障摘出時、嚢口は中央部に切開し、中央部の皮質は摘出または後に吸収され、残りと再生した皮質は周囲に位置して環状を呈する。典型的なものは先天性白内障の刺嚢後に見られ、前嚢は切り裂かれ、その遊離縁は縮んで、後嚢に貼り付け、その間にまだ水晶体物質が残存し、上皮は増生し、そして新しい繊維が再生される。臨床では瞳孔区に薄い膜があり、透明で、周辺は濁った環であり、虹彩の後に隠れ、リングのような形をしており、Soemmering環と呼ばれる。この環は、中央部に偏って位置したり、不完全な環になったり、不規則な花柄状になったりする。裂隙灯検査は時々瞳孔区の透明な後嚢膜を発見するだけで、この環を見ることができなくて、極度に散大瞳孔或いは部分虹彩切除術の孔を通じて見ることができる。時々外力が作用する時、Soemmering環は前方に前房に入ることができて、白色子宮帽の外観を呈して、よく急性炎症と緑内障を誘発する。このリングはまた、硝子体に後方に脱臼することができ、一般的に無症状であり、自然に吸収されることがあり、ときどき瞳孔領域に浮くことがある。

4)コレステロール結晶:続発性白内障では常にコレステロール結晶沈着が見られる。結晶は不規則なシート状または針状であり、着色光沢を生じ、結晶が堆積または層状に配列されていてもよい。

5)水晶体屑:水晶体屑は白色顆粒状を呈し、その体積は水晶体上皮小球体より小さく、大きな角膜後沈着物に相当する。後発性白内障の水晶体嚢内にあったり、前房に遊離して再生膜上、角膜後、虹彩前に沈着したりすることがある。

3.色素後発性白内障には、虹彩や毛様体から遊離した粉状、星状、不規則な形の薄い黄色や濃い茶色の色素がよく見られる。虹彩後癒着がある場合、後発性白内障の膜には濃い茶色の色素が片状になっていることがある。

4.出血と炎症性滲出物眼内手術後の出血や虹彩毛様体炎からの滲出物が、二次性白内障と合併して発生する場合は重症である。特に炎症活動時ではなく、膜状の機械化物を形成し、その上に増殖した血管がしばしば存在し、予後不良である。

水晶体後嚢膜に厚さと薄さの不均一な関連組織とElschnigが出現し、真珠様小体の程度は病変の進行式によって異なることができ、視力低下の程度は後嚢膜の混濁の程度と関係がある。

二、分類:

白内障嚢外摘出術後または眼外傷後に、水晶体後嚢上の残留皮質または上皮細胞が増生し、混濁する。

1.相応の手術或いは外傷歴がある。

2.単純性後発性白内障、Soemmering環、Elschnig珠、機械化膜などの形態を示した。

3.虹彩後癒着があることがあります。

4.視力にさまざまな障害がある。

5.状況に応じてYAGレーザー治療や手術治療を行うことができる。

  1. 後発性白内障のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 後発性白内障の原因、後発性白内障にはどのような原因があるのか
  3. 後発性白内障の合併症、後発性白内障はどんな病気を引き起こすのか
  4. 後発性白内障の治療方法,後発性白内障の治療方法,後発性白内障の治療薬
  5. 後発性白内障の紹介−症状−治療−ケア−食事
分類

お問い合わせ