後発性白内障の原因、後発性白内障にはどのような原因があるのか

後発性白内障の原因、後発性白内障にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-15 03:55:17
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 後発性白内障の治療方法,後発性白内障の治療方法,後発性白内障の治療薬
  2. 後発性白内障のケア−ケアの注意点−食事のタブー

後発性白内障病因主な病因:白内障術後残存水晶体上皮細胞の増殖、遊走、線維化生

一、発病原因:

1.白内障摘出術時の水晶体嚢、上皮細胞または水晶体線維の残留。

二、発病メカニズム:

1.正常水晶体上皮細胞は水晶体前嚢膜下から赤道及び赤道弓部にのみ分布している。単層の柱状細胞からなり、これらの細胞は前中心帯(水晶体前嚢に対応)と水晶体赤道弓(E細胞)の2つの生体帯に分かれている。前者は単層の扁平な柱状細胞からなり、これらの有糸分裂活性のない上皮細胞は静止期にあり、その原形細胞(A細胞)は刺激を受けて増殖して線維組織を形成する、いわゆる偽線維化;後者は後嚢膜混濁が発生する最も重要な領域であり、この領域での細胞分化増殖が活発に行われ、新しい水晶体線維が次々と産生されている。

2.臨床上、PCO症例の多くは白内障術後の嚢袋内の残留や新生上皮細胞の増殖によるものであり、特に新生上皮細胞がより大きな役割を果たしている。その外観は真珠や繊維組織、あるいは2つの形態の結合に似ており、前者はいわゆるElschnig真珠(Elschnig」s pearls)である。前部上皮細胞はその原始型細胞の線維化によりPCO線維形成の一因となっている。赤道部上皮細胞は膨潤して嚢胞状になったが、最終的には線維化することができる。線維化により後嚢膜が完全に混濁すると、後発性膜性白内障あるいは二次性白内障(secondary cataract)と呼ばれる。皮質の残留を伴い、前後の嚢膜の不完全な包絡であれば、吸収は比較的困難であり、出血、滲出などの付加過程を加え、更に複雑な機械化膜組織を構成する。この膜組織は、厚くて緻密であるため、視力に深刻な影響を与える。時機化膜組織は周囲の虹彩と広範に癒着し、瞳孔を著しく偏位または閉鎖させ、二次性緑内障を引き起こす。症例によっては、膜組織内に多数の新生血管を成長させることが可能であり、再手術はほとんど不可能である。他の症例では、残存皮質が多く、特に周辺部にE細胞が大量に増殖し、ついに赤道部近傍に環状隆起が形成され、瞳孔野が関与しないことから、この環状隆起をSoemmerring ring(Soemmerring ring)と呼んでいる。梅氏環を保持することができて長期安定して、瞳孔区後嚢膜も保持する透明な状態で、一般に視力に影響を与えません;メリス環が破裂し、放出された物質が前房に入ると、重度の炎症反応を引き起こし、後発障害の進行を促進することがあり、この場合は手術によって除去しなければならない。有効にSoemmeringリングの形成を防止すれば、PCOの発生率を大幅に低減できる。

  1. 後発性白内障の合併症、後発性白内障はどんな病気を引き起こすのか
  2. 後発性白内障の検査、後発性白内障の診断
  3. 後発性白内障の症状、後発性白内障の早期症状、バイタルサイン
  4. 後発性白内障の紹介−症状−治療−ケア−食事
  5. 後発性白内障の診断と鑑別−後発性白内障の混同されやすい疾患−

お問い合わせ