急性乳腺炎の診断と鑑別-急性乳腺炎の紛らわしい疾患

急性乳腺炎の診断と鑑別-急性乳腺炎の紛らわしい疾患

  • 2021-08-12 20:46:31
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 急性乳腺炎の治療方法、急性乳腺炎の治療方法、急性乳腺炎の薬
  2. 急性乳腺炎の紹介−症状−治療−看護−食事

急性乳腺炎の鑑別診断

1、乳腺過形成

乳腺小葉増病は嚢胞性乳腺病とも呼ばれ、女性の多発病の一つであり、25〜40歳の間によく見られる。この病気の発生は内分泌機能の乱れ、特に卵巣機能の失調と密接に関係している。

2、急性乳がん(炎症性乳がん)

この病気は特殊な乳がんである。若い女性、特に妊娠中や授乳中に多く発生する。がん細胞は乳房全体に急速に浸潤し、乳房の皮膚リンパ網内に急速に拡がるため、炎症様徴候を引き起こす。しかし、炎症性乳癌の皮膚病変の範囲は比較的に広く、乳腺全体の1/3或いは1/2以上に及ぶことが多く、特に乳腺の下半分は甚だしい。その皮膚の色は一種の特殊な暗赤色或いは紫赤色である。皮膚が腫れ、「オレンジの皮のよう」になっていた。患者の乳腺は一般的に明らかな疼痛と圧痛がなく、全身症状は比較的に軽く、白血球数の増加と感染中毒症状も比較的に軽微であり、或いは完全に欠乏している。逆に、乳腺炎は時に具体的な圧痛を伴わない腫塊に触れることがあり、特に同側腋窩では明らかに腫大転移したリンパ節がよく見られる。

3、進行乳がん

表在の乳癌は皮下リンパ管が癌細胞に閉塞されることにより皮膚浮腫があり、癌組織が壊死して破潰近くになる時、その表面皮膚が赤く腫れていることがよくあり、時に低度感染の乳腺膿瘍と誤診されることがある。しかし、末期乳癌は一般的に哺乳期に発生せず、皮膚の赤く腫れと皮下の硬い結節以外に、他の局部の炎症表現がなく、特に乳腺炎の全身反応がない。末期乳癌の局部表現はよく非常に突出して、例えば皮膚の粘着、乳頭のくぼみと方向の変化など、腋窩リンパ節の腫大は、急性乳腺炎の腋窩リンパ節の炎症性腫大より更に突出している。穿刺細胞学検査あるいは小片組織と膿瘍壁を切り取って病理生検を行い、明確に診断できる。

  1. 急性乳腺炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 急性乳腺炎の検査、急性乳腺炎の診断
  3. 急性乳腺炎の症状、急性乳腺炎の早期症状、バイタルサイン
  4. 急性乳腺炎の食事、食事療法、急性乳腺炎は何を食べればいいのか
  5. 急性乳腺炎を予防するにはどうすればよいか、急性乳腺炎のケア対策

お問い合わせ