急性乳腺炎の原因、急性乳腺炎にはどのような原因があるのか

急性乳腺炎の原因、急性乳腺炎にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-12 20:42:59
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 急性乳腺炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 急性乳腺炎を予防するにはどうすればよいか、急性乳腺炎のケア対策

急性乳腺炎の病因主な病因:乳頭の荒れ、乳腺管の閉塞、細菌の侵入、乳のうっ滞

一、急性乳腺炎の発症原因

細菌の侵入

この病気の病原菌の多くは黄色ブドウ球菌であり、少数は連鎖球菌である。細菌は乳頭皮膚の破裂や乳輪の荒れたところから入り、リンパ管に沿って乳腺小葉間や腺小葉の脂肪や繊維組織に広がり、乳房の急性化膿性蜂窩組織炎を引き起こす。少数の病例は産後に他の部位の感染合併症を発生し、細菌は血液循環を経て乳房に播種し、発病を引き起こす。

2.乳汁のよどみ

乳汁は侵入細菌の繁殖に有利である。乳汁がよどむ原因は:①乳頭が小さすぎるか、あるいは内部に陥没して、産前にまた直ちに矯正することができなくて、乳児に乳を吸いにくくさせて、甚だしきに至っては授乳することができません。②乳汁が多すぎて、空の排出が不完全である。産婦は乳の分泌を知らないため、余分な乳がすぐに出ずに乳の中に残ってしまう。③乳腺管閉塞は排乳を困難にし、例えば乳管自体の炎症、腫瘍及び外的圧迫はすべて正常な授乳に影響する。

3.乳頭が荒れる

出産後、母子は正しい授乳術を身につけることができず、あるいは乳児の吸引異常、あるいは過度に乳頭に石鹸やエタノール乾燥剤などの刺激物を使用することと乳児の口腔運動機能の失調などにより乳頭が荒れ、細菌を乳頭の小さな裂口に沿って侵入させ、そしてリンパ管を経て皮下と乳葉間組織に達して感染を形成する。乳頭があかぎれすると、授乳が痛み、乳を十分に吸い出せず、乳が淀み、侵入細菌が繁殖する条件を整えます。

二、発病メカニズム

乳汁のうっ滞と細菌の侵入は、急性乳腺炎の2つの重要な要素である。ある文献によると、約40%の正常な産婦の乳汁に黄色ブドウ球菌と白ブドウ球菌が含まれているが、発病を引き起こさない。初産婦に発症しやすい急性乳腺炎はその乳汁中に多くの脱落上皮細胞と組織屑を含んで乳管の閉塞を引き起こすことと関係がある。乳管を塞ぐことで乳房組織の活力を低下させ、乳汁のうっ滞の分解産物を加えて、細菌の生長と繁殖に有利にさせ、細菌の良い培地になる。授乳後に吸乳器で乳汁を吸い尽くし、その有病率は授乳後に乳汁を吸い尽くさない発病率より1倍低いことも報告されている。

急性乳腺炎の発病過程は大体乳管炎、乳腺炎と乳房炎の3段階を経験する。細菌は乳管に侵入し、腺小葉に上り、滞積した乳汁の中に留まって増殖し、乳管の急性炎症を引き起こす。その後、乳腺実質に拡散し、実質性乳腺炎を引き起こす。細菌は乳頭の荒れた上皮の破損からリンパ管を伝って乳腺の間質内に至り、間質性乳腺炎を引き起こすこともある。この段階では直ちに治療できず、あるいは治療が不適切で、炎症はすなわち乳腺実質以外の脂肪と繊維組織に拡散し、急性乳房炎に至る。炎症限局、組織壊死、液状化、大小の感染巣が互いに融合して乳房膿瘍を形成する;乳房後膿瘍は、乳房の後側の隙間にある疎な結合組織内を通り抜けた場合に形成される。

病理検査にて乳腺腫大、皮膚紅潮、切開後に膿腔形成が見られ、単房性或いは多房性を呈した。鏡視下:乳腺組織に大量の好中球浸潤が見られ、同時に膿腫の形成を伴うことがある。炎症は、隣接する乳腺小葉の1つまたは複数にのみ及ぶことがある。

  1. 急性乳腺炎の診断と鑑別-急性乳腺炎の紛らわしい疾患
  2. 急性乳腺炎の治療方法、急性乳腺炎の治療方法、急性乳腺炎の薬
  3. 急性乳腺炎受診の手引き−急性乳腺炎
  4. 急性乳腺炎の検査、急性乳腺炎の診断
  5. 急性乳腺炎の食事、食事療法、急性乳腺炎は何を食べればいいのか

お問い合わせ