急性子宮内膜炎の検査および急性子宮内膜炎の診断

急性子宮内膜炎の検査および急性子宮内膜炎の診断

  • 2021-08-12 21:23:49
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 急性子宮内膜炎の治療方法緊急性子宮内膜炎の治療方法緊急性子宮内膜炎の治療方法
  2. 急性子宮内膜炎の症状、急性子宮内膜炎の早期症状、徴候

ホワイトバンドの通常チェック...1.のぞき検査

できる限り子宮腔排液送菌培養及び薬剤感受性試験を行い、同時に塗抹標本で菌を検査し、作用薬の参考を提供すべきである。内視鏡検査では子宮口に大量の膿性或いは汚れた血性の悪臭分泌物が流出していることを認めた。膣検査の繰り返しを避け、感染拡大を防ぐべきである。

2.双合診

両合診時に子宮頸部挙痛があった。子宮体は充血水腫により膨潤し、柔らかく、圧痛が顕著であった。

3.血液検査

検査すると、白血球総数と中性白血球数が増加した。

  1. せっかち子宮内膜炎の食事、食事療法、せっかち子宮内膜炎は何を食べればいいのか
  2. 急性子宮内膜炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  3. 急性子宮内膜炎の合併症、急性子宮内膜炎はどんな病気を引き起こすのか
  4. 急性子宮内膜炎の紹介−症状−治療−看護−食事−
  5. 急性子宮内膜炎の診断と鑑別−急性子宮内膜炎の紛らわしい疾患−

お問い合わせ