急性湿疹の検査、急性湿疹の诊断

急性湿疹の検査、急性湿疹の诊断

  • 2021-09-02 10:33:29
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 急性湿疹の原因、急性湿疹にはどのような原因があるのか
  2. 急性湿疹受診ガイド−急性湿疹

急性湿疹の一般的な検査

1.真菌検査

真菌検査は、直接镜検法により菌糸と胞子を発见し、予备诊断に供する検査方法である。検体を采集する时、検体の质に注意しなければならず、それは検査结果に直接影响するため、采集した多くの部位の损害は阳性率を高めることができる。制作时、こぼれた封固液はレンズを腐食しないように吸引しなければならない。

2.血液常规

血液検査は血液中の有形成分すなわち赤血球、白血球及び血小板の三つの系统の量と质を検査?分析することである。この三つのシステムは血浆と血液を构成して、血液は絶えずに人体の循环システムの中で流动して、机体の代谢と一つ一つの机能活动に参与して、そのため血液は机体の新陈代谢、机能调节及び人体の内外环境のバランスに対して重要な作用を発挥する。血液中のいかなる有形成分が病理学的に変化すると、全身の组织器官に影响を及ぼすことになる。逆に、组织あるいは器官の病変は血液成分の変化を引き起こすことがあるので、血液学の分析とその结果は病気の重症度を理解するのに大いに役に立つ。ほとんどの病院では自动血液分析装置を用いて血液検査(现在は血液学分析と呼ばれる)を行っている。1回の検査で0.1ミリリットル(约2大滴血)の抗凝血を使うだけで、30秒または1分の时间をかければ、20项目以上の结果を検出し、印刷することができる。

3.血清免疫グロブリンGサブクラス

IgGは4つの亜类、すなわちIgG1、IgG2、IgG3、IgG4があり、その含有量は顺次减少する。4つの亜类の生理特性と机能も异なっており、例えばIgG1、IgG2とIgG3は抗原と复合体を形成することは経典経路を通じて补体を活性化することができ、その中にIgG3で补体を活性化する能力が最も强く、IgG4は重合を発生することは代替経路を通じて补体を活性化することができる。各亜类は胎盘を通过する能力、ブドウ球菌A蛋白との结合能力、异なるタイプのFcセグメント受容体との结合能力はすべて完全に同じではない。免疫応答の机能も异なります、例えば、IgG1とIgG3は细菌とウイルス抗原蛋白に対して応答作用があり、IgG2は肺炎连锁球菌、A群连锁球菌とインフルエンザ菌の荚膜多糖抗原に対して主要な免疫応答作用があり、IgG4は慢性アレルギー刺激と関系があり、甚だしきに至っては减感作後も依然としてアレルゲンに対して免疫応答を産生でき、しかもIgEの産生を抑制する作用がある。IgG亜类は感染再発、免疫不全と自己免疫性疾患と関连する可能性があるため、IgG亜类の测定は上述の疾患に対して重要な意义がある。全IgGレベルが正常范囲内であっても、IgGのサブクラス分配が乱れることがある。4种类の亜类间の构造の差异が比较的に小さいため、亜类抗血清の作制は比较的に困难であり、现在主にモノクローナル抗体を用いて测定する。测定方法としては、放免法、単方向拡散法、ELISA法がある。

4.皮肤损伤

皮肤损伤は皮肤が外界の病原微生物に感染したり、体内の病変によって引き起こされる皮肤损伤である。大多数の皮肤疾患の皮肤损害の形状と配列はすべて一定の规则を持っており、はっきりと皮肤疾患の形状と配列を认识することは皮肤疾患の诊断と皮肤疾患の进展と予後を観测することに役立つ。触诊の际には、嚢胞质が柔らかいなどの皮肤损伤の硬さを调べ、皮肤内の损伤の深さを调べることに注意する。

  1. 急性湿疹のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 急性湿疹の合併症、急性湿疹はどんな病気を引き起こすのか
  3. 急性湿疹の治療方法、急性湿疹の治療方法、急性湿疹の薬
  4. 急性湿疹の症状、急性湿疹の早期症状、バイタルサイン
  5. 急性湿疹の紹介−症状−治療−看護−食事
分類

お問い合わせ