急性虹彩毛様体炎を予防するにはどうすればよいか、急性虹彩毛様体炎のケア策

急性虹彩毛様体炎を予防するにはどうすればよいか、急性虹彩毛様体炎のケア策

  • 2021-08-14 23:40:01
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 急性虹彩毛様体炎の合併症、急性虹彩毛様体炎はどんな病気を引き起こすのか
  2. 急性虹彩毛様体炎の治療法、急性虹彩毛様体炎の治療法、急性虹彩毛様体炎の治療法

急性虹彩毛様体炎の予防

一、予防

1、予防

1)患者は1%アトロピン点眼液を持参し、赤、痛みなどの症状が繰り返される場合は、病院受診前に1%アトロピン点眼液を持参することができる。

2)体を鍛え、体質を強化すべきである。

3)外出は墨境を着用する。

4)便通を維持し、急性期には水を多く飲むべきである。

2.その他の注意事項:

1)角膜混濁:後弾性層ひだと角膜上皮水泡様角膜炎病変、末期に角膜帯状水疱が発生する前。

2)虹彩後癒着:虹彩炎の場合、セルロース性滲出により虹彩の瞳孔縁と水晶前嚢との間に癒着が生じる。早期癒着は瞳孔拡張剤で引き離すことができる。滲出物が機械化され、粘着が強固である場合、瞳孔拡張剤で容易に引き離すことができないか、あるいは引き離した部分の粘着性瞳孔は花弁状の辺縁が不整である。

3)瞳孔閉鎖(seclusion of the pupil)虹彩の後癒着はすべて繊維化した後永遠に開くことができなくて、しかも瞳孔の一周の虹彩は、後は水晶の前面と完全に癒着して、前後の房水の循環は中断する。

4)虹彩周辺前癒着(peripheral anterior synechia of iris)あるいは房角癒着(goniosynechia)。後房圧の上昇または滲出物の蓄積により、周囲の虹彩または虹彩の根部が角膜の後面に癒着する。

5)瞳も膜閉鎖(occlusion of pupil):瞳孔内に大量の滲出物を堆積し、薄膜を形成して結晶表面を覆う。

6)虹彩膨隆(iris bombe):房水が後房から前方に流通できず、後房に阻害されるため、後房の圧力が増加し、房水の蓄積により虹彩が前方に推移して膨隆状態となる。

7)白内障の合併:虹彩炎症の時、房水の性質が変化し、房水の炎症毒は結晶の外在環境を変化させ、それによって結晶の正常な生理代謝も変化し、結晶の前後の皮質がすべて混濁し、そしてすぐに完全性白内障を形成する。

8)二次性緑内障:房角癒着、瞳孔閉鎖、急性炎症期の血管拡張、血漿漏出、前房水粘稠度上昇による眼圧上昇、二次性緑内障。

9)眼底病変:病変後期あるいは重症例は黄斑浮腫あるいは嚢様変性を合併し、あるいは視神経円板血管炎を伴う。

10)眼球萎縮:毛様体近傍の滲出性機械化組織が線維膜を形成し網膜を牽引して剥離し、毛様体を破壊して房水分泌を減少させ、眼圧を低下させる。加えて毛様体自体が炎症を繰り返し壊死組織になり、眼球が縮小して萎縮してしまう。

  1. 急性虹彩毛様体炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 急性虹彩毛様体炎の原因、急性虹彩毛様体炎にはどのような原因があるのか
  3. 急性虹彩毛様体炎の症状、急性虹彩毛様体炎の早期症状、バイタルサイン
  4. 急性虹彩毛様体炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
  5. 急性虹彩毛様体炎の診断と鑑別−急性虹彩毛様体炎の紛らわしい疾患−
分類

お問い合わせ