急性虹彩毛様体炎の診断と鑑別−急性虹彩毛様体炎の紛らわしい疾患−

急性虹彩毛様体炎の診断と鑑別−急性虹彩毛様体炎の紛らわしい疾患−

  • 2021-08-14 23:40:15
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 急性虹彩毛様体炎の原因、急性虹彩毛様体炎にはどのような原因があるのか
  2. 急性虹彩毛様体炎を予防するにはどうすればよいか、急性虹彩毛様体炎のケア策


一、鑑別診断

1.急性結膜炎結膜充血、眼瞼結膜に乳頭増殖、濾胞形成、分泌物増加が見られたが、KP陰性、房胞陰性、瞳孔正常、視力正常。

2.急性閉角緑内障毛様充血、あるいは混合充血、角膜霧状浮腫前房が浅くなり、瞳孔散大、眼圧が明らかに上昇した。しかし、本症の前房の深さは正常で、瞳孔は縮小し、眼圧は一般的に正常或いは低下し、滲出物が房角を閉塞或いは瞳孔が閉鎖する時だけ上昇することができる。

  1. 急性虹彩毛様体炎の治療法、急性虹彩毛様体炎の治療法、急性虹彩毛様体炎の治療法
  2. 急性虹彩毛様体炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  3. 急性虹彩毛様体炎の合併症、急性虹彩毛様体炎はどんな病気を引き起こすのか
  4. 急性虹彩毛様体炎の症状、急性虹彩毛様体炎の早期症状、バイタルサイン
  5. 急性虹彩毛様体炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
分類

お問い合わせ