急性虹彩毛様体炎の治療法、急性虹彩毛様体炎の治療法、急性虹彩毛様体炎の治療法

急性虹彩毛様体炎の治療法、急性虹彩毛様体炎の治療法、急性虹彩毛様体炎の治療法

  • 2021-08-14 23:40:40
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 急性虹彩毛様体炎の症状、急性虹彩毛様体炎の早期症状、バイタルサイン
  2. 急性虹彩毛様体炎の合併症、急性虹彩毛様体炎はどんな病気を引き起こすのか

急性虹彩毛様体炎の診療知識

受診科:眼科治療費:病院によって料金基準が一致せず、市三甲病院は約(500~1000元)治愈率:治療周期:治療方法:西洋薬による治療急性虹彩毛様体炎の一般治療

一、西洋医学による治療

急性虹彩毛様体炎は必ず正確に診断し、適時適切に治療してこそ失明の危機を取り除くことができ、比較的に良い視力を保存することができ、その治療原則は以下の通りである:

1、散瞳:診断が明確になったら、直ちに散瞳を行い、瞳孔を拡大させ、これは治療の最も重要な措置である。もし遅延すれば、必ず取り返しのつかない結果を招く。

散瞳薬は、主にアトロピン系薬剤である1%アトロピン目薬を1日3〜6回使用し、瞳孔が拡大し、炎症がやや解消した後に、炎症が消退した後半から1月まで拡大した瞳孔を維持するために1日1〜2回使用する。強固にする。

アトロピンの作用は主に毛様体の弛緩によって動脈への圧力を軽減し、色素膜の血液循環を増強し、毛細血管の透過性を低下させ、滲出を減少させ、消炎作用を発揮し、炎症吸収を促進する。さらに、瞳孔を分散させ、虹彩後癒着を防止し、または形成された瞳孔括約筋および毛様体筋の痙攣を解消、解除または軽減する。目をよく休め、痛みを止める目的を達成する。

アトロピンを点滴する際には、涙嚢と鼻腔膜が吸収して中毒にならないように涙嚢部を圧迫し、特に小児には慎重に使用し、高齢者、特に前房狭窄に伴う緑内障素質者にも慎重を期す必要がある。

アトロピンが瞳孔を拡大できない場合には、1%コカインと0.1%副腎との同量混合液を0.3ml加え、癒着近傍の結膜下に注射する、いわゆる強力な瞳孔拡大である。

2、コルチコイドの応用:コルチコステロイドを使用することで炎症を軽減し、抗炎症、抗アレルギー作用を発揮し、毛細血管透過性を低下させ、組織浮腫と滲出を減少させ、繊維組織の増殖とコラーゲン沈着を軽減する。アレルギー反応を抑制する。2週間以上薬を服用している場合は、急に薬を止めないでください。事情を斟酌して減量する。

投与方法:経口薬、点眼剤あるいは結膜下注射などの方法がある:経口薬の開始時に十分な量を与えて、迅速に炎症をコントロールして、最後に炎症活動が完全に消退するまで最小で最も維持することを主とする。

前ぶどう膜炎局所に0.5%のマツまたは0.05%のデキサメタゾンを1日4〜5回、あるいは1時間に1回点滴し、回復期は減少した。球結膜下注射も可能な場合がある。

全ぶどう膜炎または脈絡膜炎の患者には、0.025%デキサメタゾン0.3mlを結膜下または眼球筋膜下に注射するか、あるいは全身投与と組み合わせて、重症者にはヒドロコルチゾン200〜250mgまたはデキサメタゾン5〜10mgを1日1回静脈点滴することで、十分な量を眼内組織に到達させることができる。

3、非ホルモン性消炎剤:サリチル酸ナトリウム保泰松と消炎痛は鎮痛と消炎作用がある。主にぶどう膜炎時の前房のプロスタグランジンの増加を抑制し、抗炎症あるいは降圧作用を達成し、常用のアスピリン0.5g、毎日3回、消炎痛25mg、毎日3回。

4、抗生物質:化膿性前ぶどう膜炎の場合、局所あるいは全身に広範囲抗生物質を応用することができる。

5、免疫療法:重篤なぶどう膜炎や交感性眼炎に対して、ホルモン投与が無効な場合は免疫抑制剤や免疫増強剤の投与を検討する。異常な免疫機能を調整するため、よく使われる免疫抑制剤は:

⑴シクロホスファミド(cyclophosphamide):単独あるいはステロイド治療を併用することができ、常用内服量50〜100mg、毎日2回分服、2週間の連用を1コースとする。静脈内投与は、生理的にがり20mlに100〜200mgを1日または隔日に溶解したものである。血液画像を検査し、副作用の発作を防止しなければならない。

⑵エチルビスモルホリン(AT−1727)、1回0.4g、毎日3回、2〜3週間の連用、1週間の休薬、さらに1〜2クールの治療を行う。

⑶痛可寧(chlocambucil、Leukeuan、フェニルブタン酸アミノマスタード):一般的には1日2mg、増悪1日2〜10mg、最大投与量は1日20mgを超えてはならない。

よく使われる免疫増強剤はレボイミダゾールであり、免疫機能低下者に用いられる。

6、温湿布や短波療法:血管を拡張し、血液循環を促進し、炎症吸収を強化する。

7、対症療法

⑴二次緑内障の人にはアセタミンを内服して眼圧を降下させる。

⑵虹彩膨隆者に対して虹彩穿刺或いは虹彩切除を実行する。

③虹彩周辺癒着による二次緑内障の場合には虹彩周辺切除を実施した。

4白内障を併発した者に対して炎症コントロール下で白内障摘出術を行うことができる。

  1. 急性虹彩毛様体炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 急性虹彩毛様体炎の原因、急性虹彩毛様体炎にはどのような原因があるのか
  3. 急性虹彩毛様体炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
  4. 急性虹彩毛様体炎の診断と鑑別−急性虹彩毛様体炎の紛らわしい疾患−
  5. 急性虹彩毛様体炎の食事、食事療法、急性虹彩毛様体炎は何を食べればいいのか

お問い合わせ