急性顎骨骨髄炎を予防するにはどうすればよいか、急性顎骨骨髄炎のケア対策

急性顎骨骨髄炎を予防するにはどうすればよいか、急性顎骨骨髄炎のケア対策

  • 2021-08-15 07:03:49
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 急性顎骨骨髄炎の診断と鑑別-急性顎骨骨髄炎の紛らわしい疾患
  2. 急性顎骨骨髄炎の検査、急性顎骨骨髄炎の診断


急性顎骨骨髄炎の予防

放射性顎骨壊死及び骨髄炎の発生を予防するために、相応の予防対策を採るべきである。腫瘍の性質によって適切な放射線の種類、用量及び放射野を選択する。放射線治療の前に口腔内外のすべての感染病巣を除去しなければならない。全口潔治を行う、治らない病気の歯を抜く、まだ残る虫歯歯周炎などの病気の歯を治療する、口腔内にあった金属製の入れ歯を取り除く、粘膜損傷を防ぐために、活動性義歯は放射線治療終了後の一定期間に装着しなければならない。放射線治療では、非照射区にバリアを適用して隔離する;口腔内に潰瘍ができた場合は、抗生物質軟膏を局所的に塗って感染を防ぐ。放射線治療後、いったん歯原性炎症が発生し、手術や抜歯が必要な場合は、手術の損傷を最小限に抑えること、手術の前、後とも有効な抗生物質を使用し、二次感染をコントロールすべきである。

  1. 急性顎骨骨髄炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 急性顎骨骨髄炎の原因、急性顎骨骨髄炎にはどのような原因があるのか
  3. 急性顎骨骨髄炎の治療方法、急性顎骨骨髄炎の治療方法、急性顎骨骨髄炎の薬
  4. 急性顎骨骨髄炎の症状、急性顎骨骨髄炎の早期症状、バイタルサイン
  5. 急性顎骨骨髄炎の紹介−症状−治療−ケア−食事

お問い合わせ