慢性白血病の食事、食事療法、慢性白血病は何を食べればいいのか

慢性白血病の食事、食事療法、慢性白血病は何を食べればいいのか

  • 2021-08-02 06:34:34
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 慢性白血病の治療方法,慢性白血病の治療方法,慢性白血病の薬
  2. 慢性白血病のケア−ケアの注意点−食事のタブー

慢性白血病の食事の原則

慢性白血病のための食事と健康管理

慢性白血病患者は治療と回復の上で非常に重要であり、慢性白血病患者は飲食の上で以下の要求を行うことを提案する:

1.低脂肪、高タンパク、ビタミンなどの栄養豊富な軟食を提供することが適当である。刺激を与えたり、口内炎を生じさせたりしないように、揚げ物や硬くて鋭いものは避け、酒やたばこは禁物とする。

2.患者の口腔に潰瘍、出血がある場合、温かい半流または全流汁状の食事を与えなければならず、少ない食事と多くの食事を与え、熱い食事を避けることができる。

3.患者は腹痛を感じた時、一時的に断食し、腹痛の変化を観察することができる。吐き気、嘔吐、血便が出た場合も断食し、血便が止まって24時間後に少量の薄い食事を与える。

4.輸血の多い慢性白血病の人は、血液検査の結果に気をつけて、血中鉄分が多い人は鉄分が豊富な食べ物を食べないようにし、鉄鍋で料理を作らないようにしてください。

5.長期的にホルモン治療の患者は、骨粗しょうとストレス性消化管潰瘍が発生しやすいので、毎日新鮮な牛乳を飲み、適当に新鮮な野菜、果物を食べなければならない。

  1. 慢性白血病の紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 慢性白血病の原因、慢性白血病にはどのような原因があるのか
  3. 慢性白血病の合併症、慢性白血病がどのような病気を引き起こすか
  4. 慢性白血病の検査、慢性白血病の診断
  5. 慢性白血病の症状、慢性白血病の初期症状、バイタルサイン

お問い合わせ