慢性骨盤炎の症状、慢性骨盤炎の早期症状、バイタルサイン

慢性骨盤炎の症状、慢性骨盤炎の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-12 20:53:39
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 慢性骨盤炎の検査、慢性骨盤炎の診断
  2. 慢性骨盤炎の合併症、慢性骨盤炎はどんな病気を引き起こすのか

慢性骨盤炎症状

早期症状:(1)慢性骨盤痛慢性炎症により形成された瘢痕癒着及び骨盤充血は常に下腹部の膨脹、疼痛及び腰仙部の疼痛を引き起こす。疲労、長時間立ち、性交後及び月経前後に増悪することが多い。(2)不妊と子宮外妊娠卵管癒着閉塞は不妊と子宮外妊娠を引き起こす。急性骨盤炎後の不妊発生率は20〜30%である。そして病状の発展に伴い、不妊率は上昇傾向を呈している。(3)月経異常子宮内膜炎は常に白帯の増加、月経の乱れ、経血量が多く、生理痛、性感不快;骨盤内のうっ血は経量の増加を引き起こすことができる;卵巣機能障害時に月経不調を引き起こすことがある。

末期症状:末期は仕事に影響し、精神不振、全身不調、不眠などの神経衰弱症状が現れる。患者の抵抗力が弱い時、急性或いは亜急性発作がありやすい。

関連症状:腰仙部がだるく、下腹部が膨れ、下腹部が痛み、月経期間中に腰痛女性は不妊、疲労、膿性分泌物が増え、不眠になる

一、症状

(1)慢性骨盤痛

慢性炎症により形成された瘢痕癒着及び骨盤腔充血は、下腹部の膨潤、疼痛及び腰仙部の疼痛を引き起こす。疲労、長時間立ち、性交後及び月経前後に増悪することが多い。重い者は仕事に影響する。

(2)不妊および子宮外妊娠

卵管癒着閉塞は不妊と子宮外妊娠を引き起こすことがある。急性骨盤炎後の不妊発生率は20〜30%である。そして病状の発展に伴い、不妊率は上昇傾向を呈している。

(3)月経異常

子宮内膜炎は常に白帯が増え、月経が乱れ、経血量が多く、生理痛、性感が不快である;骨盤内のうっ血は経量の増加を引き起こすことができる;卵巣機能障害時に月経不調を引き起こすことがある。

(4)全身症状

多くは明らかではなく、時には低熱だけで、疲れやすい。病気経過時間が長いため、一部の患者は精神不振、全身不調、不眠などの神経衰弱症状が出現することがある。患者の抵抗力が弱い時、急性或いは亜急性発作がありやすい。

二、徴候

一般的な徴候:子宮の後傾が多い、活動制限あるいは癒着固定;卵管が太くなり、圧痛になることもあります嚢胞性の塊に触れることもあります子宮傍のシート状の肥厚圧痛などがあります。

(1)子宮内膜炎の場合、子宮の増大、圧痛;卵管炎の場合、子宮の片側あるいは両側に索状の太くなった卵管を触知し、軽度の圧痛がある。

(2)卵管水たまりあるいは卵管卵巣嚢腫の場合、骨盤腔の片側あるいは両側に嚢性腫瘍を触知し、活動が制限されることが多い。

(3)骨盤内結合組織炎の場合、子宮は常に後傾後屈を呈し、活動制限或いは癒着固定、子宮の片側或いは両側に片状の増厚、圧痛があり、子宮仙靱帯は常に増太くなり、硬くなり、触痛がある。

三、検査

顕微鏡下では組織に大量の炎症性細胞浸潤が見られた。

四、診断

慢性骨盤炎の診断は病歴、病状とバイタルサインにより、一般的に診断できる。急性骨盤炎の既往歴及び症状と徴候が明らかな者は、診断に困難がないことが多い。しかし、時には患者の自覚症状が比較的に多く、明らかな骨盤炎の病歴と陽性徴候がなく、更に慎重に慢性骨盤炎を診断し、鑑別診断をしっかり行うべきであり、軽率な診断が患者の思想負担にならないようにする。

  1. 慢性骨盤内炎の治療方法、慢性骨盤内炎の治療方法、慢性骨盤内炎の治療薬
  2. 慢性骨盤炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  3. 慢性骨盤炎の診断と鑑別−慢性骨盤炎の混同されやすい疾患−
  4. 慢性骨盤炎の食事、食事療法、慢性骨盤炎は何を食べればいいのか
  5. 慢性骨盤炎を予防するにはどうすればよいか、慢性骨盤炎のケア対策
分類

お問い合わせ