慢性骨盤内炎の治療方法、慢性骨盤内炎の治療方法、慢性骨盤内炎の治療薬

慢性骨盤内炎の治療方法、慢性骨盤内炎の治療方法、慢性骨盤内炎の治療薬

  • 2021-08-12 20:57:08
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 慢性骨盤炎の原因、慢性骨盤炎にはどのような原因があるのか
  2. 慢性骨盤炎の検査、慢性骨盤炎の診断

慢性骨盤炎の診療知識

受診科:婦人科治療費用:市三甲病院約10000-30000元治癒率:治療周期:治療方法:西洋薬治療、漢方薬治療、鍼灸治療、物理治療慢性骨盤炎の一般治療

一、慢性骨盤炎の西洋医学的治療

1.一般的な治療

患者の心配を解消し、治療の自信を高め、栄養を増やし、体を鍛え、労休結合に注意し、体の抵抗力を高める。再感染や感染範囲の拡大を避ける。

2.物理療法

(1)役割:

温熱は骨盤腔局部の血液循環を促進し、組織の栄養状態を改善し、新陳代謝を高め、炎症の吸収と消退に有利である。同時に関連する薬物治療と協力することで、生体の薬物の吸収と利用を促進することができる。

よく使われるのは短波、超短波、マイクロ波、レーザー、イオン浸透(ペニシリン、ストレプトマイシンなどの各種薬物を加えることができる)などである。

(2)禁忌証:

1)月経期と妊娠期。

2)性器に悪性腫瘍がある。

3)出血を伴う。

4)内科合併症、例えば心、肝臓、腎臓機能不全。

5)活動性結核。

6)高熱。

7)アレルギー体質など。

3.抗菌薬による治療

長期あるいは反復多種の抗菌薬の連合治療は時には顕著な治療効果がないが、若い生育機能を保留する必要のある者、あるいは急性発作の時に応用することができ、同時に抗クラミジアあるいはマイコプラズマの薬物を採用するのが最もよい。

4.その他の薬物治療

抗菌薬の投与と同時に、キモトリプシン5mgまたはヒアルロニダーゼ(ヒアルロニダーゼ)1500Uを用い、筋内注射で1日おき、7〜10回を1クールとし、癒着の分解や炎症の吸収を容易にする。個々の患者に局所的または全身的にアレルギー反応が出現した場合は、薬を中止すべきである。

ある状況下で、抗生物質とデキサメタゾンを同時に応用し、デキサメタゾン0.75mg、3回/d内服し、薬を止める前にデキサメタゾンを徐々に減量するように注意した。

5.手術治療

一部の慢性骨盤炎患者は、長期的な炎症刺激により、器官周囲の癒着を招き、抗炎症薬が入りにくくなり、病状を繰り返し発作させ、患者の心身の健康を影響する。

患者の年齢、病変の軽重及び出産要求の有無により手術範囲を決定し、片側付属器切除術或いは全子宮切除術に両側付属器切除術を加えた。若い女性にはできるだけ卵巣機能を温存すべきである。産児を要求する卵管水たまり或いは卵管卵巣嚢腫患者に対して、卵管切開術或いは開窓術を実行することができる。すでに40歳以上で、骨盤腔に大きな炎症性腫瘍(直径6cm以上)があり、腹痛を伴うものには手術が考えられる。

もし子宮腔に膿が溜まったら、子宮拡張術を行わなければならない。感染病巣が存在し、反復的に炎症の急性発作を引き起こし、或いは深刻な骨盤内疼痛を伴い、上述の保存的治療の効果がない者は手術治療を行うべきである。手術は徹底的に治癒することを原則とし、残された病巣が再発する機会を避ける。

慢性骨盤炎の弁証的治療

二、慢性骨盤炎の漢方薬による治療

1.灸

(1)穴を取る

主穴:気海、中極、リターンズ。

配穴:大腸兪、次。

(二)治療法

主穴を主とし、効果が現れない時に配穴を加える。毎回2~3穴ずつ取ります。操作は伝統的な法でしょうがを隔てて灸をすえることができ、また経穴灸治療器で灸をすえることができる。伝統的な方法は、純ヨモギを取って直径1.5センチ、高さ1.8センチのヨモギを燃やし、厚さ0.4センチの生姜片に火をつけ、1穴に3強を灸、1強に約6~7分かかる。灸の照らす方法は:経穴灸治療器を用い、灸頭をツボに固定し、穴の上に0.2センチの新鮮な生姜片を置き、毎回20分間灸を照らす、温度は患者が心地良いと感じる程度である。これらはいずれも1日1回、10回を1クールとし、クール間隔は3〜5日とした。約2~3クールかかる。

2.体針

(1)穴を取る

主穴:関元、水道、足三里、三陰交、帰还、河北省、河北省、河北省、河北省、河北省。

配穴:腰酸加腎兪、次Liao、委中;白帯多加地机、阴陵泉;月経不調加照海、行間;腹部膨満加帯脈、気海;炎症性腫塊加府舎。

(二)治療法

毎回主穴2〜3穴を選び、病酌により配穴を加える。関元穴の針感は膣に達することを要求し、水道、帰還は付属部へ放散することが適当で、手技は挿して軽く均等にすることを要求し、そして小さい幅の捻転を結合して、重度は息を引き出すことにある。針を止めた時に、発症時のような腹痛を腹腔内に感じるのがよい。余穴が気を得た後、平補平潟手法を行った。いずれも15〜20分間留針し、腹部穴に留針する場合は温針を加える。針刺す時、直接炎症部位と包塊区を刺すのはよくない。月経期はしばらくぬるま湯を使わない。毎日あるいは隔日1回、10回は1クールである。治療期間の間隔は3〜5日である。

3.缶抜き

(1)穴を取る

主穴:関元、腎兪、三陰交、第十七椎下。

配穴:気海、腰目、大椎、八。

(二)治療法

主穴を主とし、効果が良くない場合には配穴を追加または変更する。毎回2〜3穴を選び、まずツボをマッサージし、周囲の絡脈が現れた後、三角針で刺し、病状の軽重に応じて刺し数と深さを決め、さらに投火法または吸引法で5〜10分間缶を抜く。出血量は少ない場合は3~5ミリリットル、多くても数十ミリリットルに達する。

そして先に缶具を取って閃火法で吸引して引き抜くことができて、缶を15~20分残して、それから三角針(皮膚針も使用することができます)で迅速に10数回刺して、散らかして軽く刺して、微小出血を基準とすることができます。そして愛条薫に続いて15分間お灸をすえた。

上穴方法は毎日或いは隔日1回、経穴は交互に回して使用し、10回は1コースである。

4.ツボ貼り

(1)穴を取る

主穴:下腹痛:帰還、水道、腰痛:命門、腎兪、気海兪、腰陽関;腰仙痛:関元兪、膀胱兪、上、次、炎症性腫瘍:阿是穴。

阿是穴の位置:病巣。

(二)治療法

薬の調合:砲姜30グラム、草紅花24グラム、シナモン15グラム、白芥子、胆南星各18グラム、麻黄、生半夏、生附子各21グラム、紅娘子、紅芽トウダイグサ各3グラム。ゴマ油5斤で上薬を揚げてかすを取り、1斤の油に樟丹240グラムを加えて、1.5斤の油に麝香4グラム、藤黄面30グラムを加えて、大きい膏薬の1枚の重さ6グラム、小さい膏薬の1枚の重さ3グラム、予備。

使用する時に選択した穴区をきれいに拭いて乾かして、湿布薬を加温乾燥して穴を貼り、阿是穴を除いて大きい湿布薬を使って、残りはすべて小さい湿布薬を使います。夏場は12時間で1回、冬場は2日に1回、薬を交換する。月経期は中止し、12回は1クールとする。

5.温針

(1)穴を取る

主穴:関元、帰来、足三里。

(二)治療法

まず患者に排便させ、1とした。5〜2寸ミリ針を穴に刺入し、気が得られた後、中等刺激を1〜2分間用いた。針の柄に長さ2~3cmのヨモギをはめて火をつける。火傷を防ぐために、穴の方に紙のクッションを置いて、艾段が燃え尽きて針が冷えた後に針を出すことができます。毎日1回、10回は1クールで、クール間隔は3日である。普通は3クールかかります。

三、中国医学の民間療法

臨床では清熱解毒を主とし、除湿化おを補助とする。慢性骨盤炎の多くは邪熱余毒が残留し、沖任気血と結びつき、凝集しない。臨床では湿熱鬱積、気滞血お、気虚血お、寒湿凝滞症がよく見られ、その中に湿熱型が多く、治療は清熱利湿、活血化おを主とする。

表現は下腹部の痛み、悪寒或いは寒戦、下腹部の痛みは押して、喉が乾いて口が苦しくて、小便は短くて赤で、大便秘結、帯下の量が増えて、色が黄色で、質は粘り気があって、味が臭くて、経行すると量が多い或いはたら尽きない。舌赤、苔黄厚、脈滑数。

処方薬用:丹参18g、セキシャク15g、木香12g、桃仁9g、金銀花30g、タンポポ30g、ぶく苓12g、丹皮9g、生地黄9g。痛みが強い場合は延胡索9gを加える。一部の患者は寒凝気滞型であり、治療は温経散寒、行気活血であり、常用桂枝ぶく苓湯加減である。気虚者に党参15g、白術9g、オウギ15gを加えた。漢方薬は経口または注腸が可能である。

  1. 慢性骨盤炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 慢性骨盤炎の合併症、慢性骨盤炎はどんな病気を引き起こすのか
  3. 慢性骨盤炎の症状、慢性骨盤炎の早期症状、バイタルサイン
  4. 慢性骨盤炎の診断と鑑別−慢性骨盤炎の混同されやすい疾患−
  5. 慢性骨盤炎の食事、食事療法、慢性骨盤炎は何を食べればいいのか

お問い合わせ