慢性骨盤炎受診ガイド−慢性骨盤炎

慢性骨盤炎受診ガイド−慢性骨盤炎

  • 2021-08-12 20:58:40
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 慢性骨盤炎の症状、慢性骨盤炎の早期症状、バイタルサイン
  2. 慢性骨盤内炎の治療方法、慢性骨盤内炎の治療方法、慢性骨盤内炎の治療薬
慢性骨盤炎受診コンパスは慢性骨盤炎患者が病院を受診する時に現れる疑問に対して解答を行い、例えば:慢性骨盤炎は何科の番号をかけますか?慢性骨盤炎の検査前の注意点は?医者は普通何を聞きますか。慢性骨盤炎はどのような検査を受けますか?慢性骨盤炎の検査結果はどう見ますか。待ってくれ。慢性骨盤炎の受診ガイドラインは慢性骨盤炎患者の受診を便利にし、慢性骨盤炎患者の受診時の疑惑問題を解決することを目的とする。
典型的な症状
腰仙部の痛み、下腹部の膨れ、下腹部の痛み
診療科の受診を勧める
婦人科
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は1日、再診は半日ずつ予約する
再診頻度/診療期間
外来診療:毎週再診から徐々に延長再診の周期まで下腹の腫脹が消失した後、不調を伴って診察した。重症者は入院治療を受け、下腹部の痛みが軽減した後、外来治療を受ける必要がある。
診察前の準備
ワンピースは着られないので、休憩に気をつけて
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、月経の乱れ、白帯の増加などの付随症状がありますか?
4、不潔な性交歴はありますか?
5、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査結果は何ですか。
6、治療はどうでしたか?
7、薬物アレルギー歴はありますか?
重点点検項目
1.超音波検査
両側付属品の幅の拡大、厚さの増加、あるいは炎症性腫瘍がある情況を調査することができる。
2.子宮卵管ヨウ素油造影
卵管閉塞の部位や程度を含めて卵管閉塞の状況を表示することができ、対症療法に有利である。
3.組織病理学的検査
鏡視下に検査された組織の大量の炎症性増殖が見られた。
4.その他の検査
血液検査、膣分泌物検査、腫瘍マーカー検査、ポリメラーゼ連鎖反応検査。また、膣鏡、腹腔鏡検査も慢性骨盤炎の診断に有利である。
しんだんきじゅん
慢性骨盤炎の診断は病歴、病状とバイタルサインにより、一般的に診断できる。急性骨盤炎の既往歴及び症状と徴候が明らかな者は、診断に困難がないことが多い。しかし、患者の自覚症状が比較的に多く、明らかな骨盤炎の病歴と陽性徴候がなく、慢性骨盤炎をより慎重に診断すべきである。


  1. 慢性骨盤炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 慢性骨盤炎の合併症、慢性骨盤炎はどんな病気を引き起こすのか
  3. 慢性骨盤炎の検査、慢性骨盤炎の診断
  4. 慢性骨盤炎の診断と鑑別−慢性骨盤炎の混同されやすい疾患−
  5. 慢性骨盤炎の食事、食事療法、慢性骨盤炎は何を食べればいいのか

お問い合わせ