慢性骨盤炎の食事、食事療法、慢性骨盤炎は何を食べればいいのか

慢性骨盤炎の食事、食事療法、慢性骨盤炎は何を食べればいいのか

  • 2021-08-12 21:03:05
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 慢性骨盤炎の検査、慢性骨盤炎の診断
  2. 慢性骨盤炎の合併症、慢性骨盤炎はどんな病気を引き起こすのか

慢性骨盤炎の飲食は禁物

適切な食事:1.食べるべき消炎作用の食品;、2.ビタミンEの含有量が高い食品を食べるべきである、3.たんぱく質の豊富なものを食べてください。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
アヒルの卵冷涼性に属する食物は、炎症を直接的に抑制し、炎症熱の発散を促進する。それによって炎症の回復が促進される。2~3個蒸して食べる。
うずら動物性タンパク質を豊富に含み、植物性タンパク質と組み合わせて利用することができ、組織の炎症の消散を促進する作用がある。10個蒸して食べる。
レンゲソウ組織の免疫力を増加させる作用があり、それによって炎症の消散を促進し、感染性疾患の解消に有利である。200gを炒めて食べる。
飲食の禁忌:1.温補性の食品を食べることを禁じます;、2.乾燥した食物を食べるのは禁物である、3.物性的なものを食べるのは禁物です。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
犬肉温補性の食品に属して、食べすぎると、元の炎症反応を加重して、小腹の痛みの症状を加重することができます。魚やアヒルの肉を食べるのがよい。
蛇肉非常に冷たい食べ物で、体の免疫機能を抑制し、感染性疾患の回復にも不利なので、避けるべきだ。味が穏やかな鶏肉や温かい鶏肉に適しています。
きつねの肉臭味性の食品は、臭味が強く、重篤な発物性の食品であり、皮膚粘膜に感染性炎症が起こる確率を高める。新鮮な豚肉又は魚肉を食べるのがよい。
慢性骨盤炎の食事の原則

一、食事療法の方

(以下の資料は参考まで。詳細は医師に相談する必要があります)

1.気滞血お

表現:下腹部の刺痛或いは膨脹痛、疼痛は腰仙部まで放射し、下腹部に包塊があり、圧痛があり、下量が多く、月経不順、色が暗く塊がある。舌の暗い辺にうっ血点があり、苔が薄くて白く、脈の弦が細い。

食事療法:①サンザシ30グラム、仏手15グラム、ハナテンツキ60グラム、水を加えて煎じ、毎日1剤、7〜8剤を連用する。②敗醤草30グラム、仏手、バラ各10グラム、水揚げして飲む。1日1剤、5~6日連用する。

2.肝腎陰虚

表現:下腹部に鈍痛があり、下量が多く、色は黄色でどろどろした生臭さがあった。腰膝の酸軟、めまい、あるいは月経が早くて、色が薄い赤色を伴っている。舌紅少苔、脈細数。

食事療法:①生地30グラム、うるち米30~60グラム。生地をきれいに洗ってスライスし、清水で2回煎じ、合計100mlの汁を取る。米を粥に煮て、八が成熟した時に薬汁を入れて、一緒に煮るまで煮る。おかゆを食べるには、数日続けて飲むことができる.。②ハトの卵5個、アガム30グラム。まず阿膠をボウルの中に入れて、清水の適量を入れて、無花火で焼いて、熱いうちにハトの卵と均一に入れてすぐに完成する。朝晩は2回に分けて食べ、病気が治るまで続けて服用することができる。

3.脾腎陽虚

表現:下腹部が腫れ、痛みがあり、下量が多く、清稀である。腰の酸を伴って手足が柔らかく、寒さを恐れて手足が寒く、顔が腫れている。舌が薄くて太っていて、苔が薄くて白くて、脈が細い。

食事療法:①ニラの根50グラム、卵2個、砂糖50グラム、同煮スープ食、数日間連用。②クルミの仁20グラム、ケンジツ18グラム、蓮の子18グラム、うるち米60グラム、煮粥常食。

4、材料

ドブクリョウ50グラム、オニバス30グラム、金桜15グラム、石菖蒲12グラム、豚赤身100グラム。

制作:清水適量、ゆっくり火でスープを作り、食塩を加えて味をつけ、スープを飲んで肉を食べる。

効果:本方は健脾補腎、解毒去湿。慢性骨盤炎、膣炎、子宮頸炎に適応した。

5、苦菜莱湯

構成:苦菜100グラム、金銀花20グラム、タンポポ25グラム、青大根200グラム(スライス)。

例:上四味共煎じて、薬を取った後に大根を飲んでスープを飲む。1日1剤。

効能:清熱解毒。

主治療:骨盤炎、湿熱鬱毒型、発熱、下腹膨満痛、下腹両側疼痛拒絶、下色黄量多、舌質赤、苔黄、脈滑数。

注:金銀花はブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎双球菌、大腸菌、緑膿菌及び皮膚真菌などの多種の細菌に対してそれぞれ異なる程度の抑制作用がある。

6、銀花トウガンの仁蜜スープ

組成:トウガンの種子仁20グラム、金銀花20グラム、黄連2グラム、蜂蜜50グラム。

用法:先煎り金銀花、かす取り汁、薬汁煎り冬瓜種子仁15分後人黄連、蜂蜜。1日l剤、1週間連用した。

効能:清熱解毒。

主な治療:骨盤炎、湿熱お毒型に属し、下腹と下腹両側に痛みがあり、押すことを拒否し、微少発熱、自汗、下色黄量が多く、舌紅苔黄。

7、桃仁餅

組成:桃仁20グラム、小麦粉200グラム、麻油30グラム。

使用法:桃仁を極細粉にして小麦粉をよく混ぜ、沸騰した水looミリリットルを加えてよく練り、冷やして長方形の薄い皮を伸ばし、麻油を塗って、円筒形に巻き、ナイフで30グラムずつ切り、丸い餅を伸ばして、フライパンで火を通します。朝の夕食は自由に食事を飲んで、毎日数回、毎回2元、温湯は服を送ります。

効果:理気活血、散お止痛。

主治療:骨盤腔炎、気滞血お型に属し、下腹部及び下腹部両側の痛みは針刺のようで、腰仙骨の痛み、舌に紫気があり、脈は細い弦がある。

8、青皮紅花茶

組成:青皮10グラム、紅花10グラム。

用法:青皮を乾かしてせん切りにし、赤い花と一緒に土鍋に入れ、水を加えて30分浸し、30分煎じて、

  1. 慢性骨盤内炎の治療方法、慢性骨盤内炎の治療方法、慢性骨盤内炎の治療薬
  2. 慢性骨盤炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  3. 慢性骨盤炎の症状、慢性骨盤炎の早期症状、バイタルサイン
  4. 慢性骨盤炎の診断と鑑別−慢性骨盤炎の混同されやすい疾患−
  5. 慢性骨盤炎を予防するにはどうすればよいか、慢性骨盤炎のケア対策

お問い合わせ