接触性口唇炎の食事、食事療法、接触性口唇炎は何を食べればいいのか

接触性口唇炎の食事、食事療法、接触性口唇炎は何を食べればいいのか

  • 2021-08-15 07:02:20
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 接触性口唇炎の原因、接触性口唇炎にはどのような原因があるのか
  2. 接触性口唇炎を防ぐにはどうすればよいか、接触性口唇炎のケア策

接触性口唇炎の飲食は禁物

飲食适当:1抗菌消炎の食品を食べるべき;2食物繊維類を食べるべきである;、3人の免疫力を高める食品を食べるべきである。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
レモンレモンは大量のビタミンCを豊富に含んでいて、天然の抗生物質のようで、抗菌消炎作用があり、患者の炎症感染に対して、一定の治療作用があります。1日300〜500mlの水に浸して飲むのがよい。
トウガントウガンは食物繊維類の食物で、食欲を促進し、腸の蠕動を促進する作用があり、栄養素の吸収を増強して、患者の回復に有利である。1日200~300グラムが適当。
ミルク牛乳には良質のたんぱく質栄養素が豊富に含まれており、人体の免疫力を高め、抗病力を高める作用があり、患者の回復に役立つ。1日当たり300〜500mlが好適である。
食事の禁忌:1.生臭い髪の食べ物を食べること、ハクレン、コイ、キクの花菜など、2辛くて刺激的なものを食べることは禁物です。唐辛子、山椒、コショウなど、3のぼせやすい食物を食べることは禁物である。麻の花、油の棒、煎餅などです。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
鯉は生臭い髪の食べ物で、免疫力の低下を招き、炎症感染を悪化させ、患者の体の回復に不利になる。人の免疫力を高める食品を食べるのがよい。
こしょうコショウの刺激性は比較的大きく、炎症部位の充血、浮腫を引き起こしやすく、患者の病状を悪化させ、患者の回復に不利である。あっさりしたものを食べるのがよい。
パンケーキ煎餅は火がつきやすい食べ物で、炎症性疾患を悪化させやすく、患者の体の回復によくない。あっさりしていて消化吸収しやすいものを食べるのがよい。
接触性口唇炎の食事の原則

1、病因を除去してアレルゲンから離れて、唇を吸うことを避けて、あるいは唇を要して、機械的な刺激を招くことを避けて、唇炎が繰り返し治らない。

2、食餌療法は、特に発症期に辛いものや揚げ物を避ける。普段はあっさりした食事をしなければならず、酒や魚介類などアレルギーを起こしやすい食品を避け、新鮮な野菜や果物などビタミンやセルロースを豊富に含む食品を食べなければならない。

3、精神は楽しく、生活は規則正しく、働きすぎないようにしなければならない。

4、适当にトレーニングして、自分に适した活働を選びます。例えば、山に登ったり、散歩したり、ダンスをしたりします。

5、自分の体の状况によって、自分に适した健康食品を選んで服用して、免疫機能を高めて、体質を改善して、病気をしないか少なくして、生活の質を高めます。

  1. 接触性口唇炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 接触性口唇炎の合併症、接触性口唇炎はどんな病気を引き起こすのか
  3. 接触性口唇炎の検査、接触性口唇炎の診断
  4. 接触性口唇炎の治療方法:接触性口唇炎の治療方法:接触性口唇炎
  5. 接触性口唇炎の症状、接触性口唇炎の早期症状、バイタルサイン

お問い合わせ