新生児肺炎の紹介−症状−治療−看護−食事

新生児肺炎の紹介−症状−治療−看護−食事

  • 2021-06-27 21:46:44
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 新生児肺炎の治療方法、新生児肺炎の治療方法、新生児肺炎の薬
  2. 新生児肺炎の検査、新生児肺炎の診断

新生児肺炎の概要

新生児肺炎(pneumonia of newborn)は新生児期感染性疾患の中で最もよく見られる疾患であり、発病率が高く、死亡率も比較的に高い。びまん性肺部病変及び非典型的な臨床表現を特徴とする。大多数の新生児肺炎は生後感染によるので、晩発型肺炎と称して、主に家庭の中で新生児と密接に接触するメンバーの風邪或いは呼吸器感染の後に飛沫感染を通じて新生児にあげるのです;ごく少数は、子宮内や分娩中に感染する。もし直ちに治療しなければ呼吸窮迫、甚だしきに至っては窒息を引き起こし、深刻な者は酸欠のため大脳損傷を引き起こし、永久的な後遺症(てんかんなど)を残すことができる。

,

新生児肺炎の基礎知識

  • 医療保険の対象:はい
  • 別名:小児肺炎新生児誤嚥性肺炎と感染性肺炎
  • 発症部位:肺
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多発者:新生児
  • 関連症状:新生児の息切れ、鼻翼扇動、喘息、呼吸困難、肺ラ音

  1. 新生児肺炎の合併症、新生児肺炎がどんな病気を引き起こすのか
  2. 新生児肺炎の原因、新生児肺炎にはどのような原因があるのか
  3. 新生児肺炎の症状、新生児肺炎の初期症状、バイタルサイン
  4. 新生児肺炎の診断と鑑別-新生児肺炎は混同されやすい疾患
  5. 新生児肺炎の食事、食事療法、新生児肺炎は何を食べればいいのか
分類

お問い合わせ