暴痢の診断と鑑別−暴痢は混同されやすい疾患−

暴痢の診断と鑑別−暴痢は混同されやすい疾患−

  • 2021-07-23 10:56:57
  • あげ:0
  • クリック回数:2
  1. 暴痢のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 暴痢の紹介−症状−治療−看護−食事

暴痢鑑別診断

1.急性菌痢普通型は主に感染性下痢と鑑別すべきで、サルモネラ腸炎、空腸カンピロバクター腸炎、病原性大腸菌腸炎などを含み、便培養は相応の病原性菌があるべきである;

2.急性中毒型菌痢は高熱痙攣、B型脳炎及び失水性ショックと鑑別すべきである。

3.慢性菌痢は、慢性非特異性潰瘍性大腸炎、慢性アメーバ赤痢及び大腸癌と鑑別すべきである。アメーバ赤痢は一般的に全身中毒症状が軽く、糞便は暗赤色のジャム様を呈し、鏡検査でアメーバの滋養体あるいは含有体が見られ、鑑別することができる;

4.急性腸炎との鑑別

一般的には里急後重感がなく、よく食べないか飲食の不潔な歴史があり、大便培養で赤痢菌の生長がない;

5.急性壊死性腸炎との鑑別

主に血便があり、鏡検査では赤血球が主で、白血球は比較的に少なく、血培養では病原菌の生長がなかった。

6.流行性B型脳炎との鑑別

一般的に中毒性菌痢の症状と似ているが、B脳患者の脳脊髄液検査は細胞の増加と蛋白質の変化があり、糞便検査は正常である。

  1. 暴痢の症状、初期症状、徴候
  2. 暴痢の合併症、暴痢がどのような病気を引き起こすか
  3. 暴痢の原因、暴痢にはどのような原因があるのか
  4. どのようにして暴痢を予防するか、暴痢のケア対策
  5. 暴痢の治療方法、暴痢の治療方法、暴痢の薬
分類

お問い合わせ