月経量の多さをどのように診断・鑑別するか-月経量の多さは紛らわしい疾患

月経量の多さをどのように診断・鑑別するか-月経量の多さは紛らわしい疾患

  • 2021-08-12 23:40:33
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 月経量の多いケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 月経量が多い合併症、月経量が多いとどんな病気になるのか


月経多鑑別

排卵型機能血患者の月経は乱れているが、よく規則性があるため、出血の開始と終了の時間及び出血量を詳しく調べることはその出血の性質を鑑別するのに役立つ。

排卵型機能不全性子宮出血と鑑別した。不規則な出血、経間出血、性交後出血、あるいは経血の急激な増加、あるいは骨盤腔痛、経前腹痛があれば、器質性疾患の可能性が示唆される。全血像と凝血機能の検査も非常に重要であり、血小板の粘着機能、凝集機能を検査して血小板無力症かどうかを発見する。稀に子宮動静脈瘻もあり、子宮動脈造影による診断が必要である。Wilansky(1989)は67例の甲状腺機能正常の月経量が多い患者に対してTRH刺激試験を行った。31例のTSH基底値が(2.4/0.24)MU/Lの者のTRH刺激後のTSHピーク値は(11.5/1.0)MU/Lであり、その中の16例の月経量は持続的に存在した。他の15例(22%)TSH基底値が(5.9/0.76)MU/Lの者はTRH刺激後TSHピーク値が(47.5/5.9)MU/Lに達し、その中の8例は甲状腺片を服用した後、TSH値が下がり、T4値が上昇し、1〜3年の月経が正常であった。結論として、亜臨床的原発性甲状腺機能低下は月経量が多い病因の一つである可能性がある。肥満、非抗エストロゲンまたはトリフェノキシドの投与、あるいは多嚢胞性卵巣症候群がある場合は、子宮内膜がんを除くことに注意すべきである。Fraser(1990)は316例の月経量の多い患者に対して子宮鏡、腹腔鏡検査を行い、結果の49%の患者は器質性疾患があることを報告した。子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜ポリープ、子宮筋腺症が最もよく見られる。

  1. 月経量が多い月経量が多いケアの取り組みを予防するには
  2. 月経量が多いことを検査し、月経量が多いことを診断する
  3. 月経量が多い受診ガイド−月経量が多い
  4. 月経量が多い病気の原因、月経量が多いのはどのような原因があるのか
  5. 月経量が多い食事、食事療法、月経量が多いと何を食べればいいのか
分類

お問い合わせ