毒魚の刺傷の治療、毒魚の刺傷をどうするか

毒魚の刺傷の治療、毒魚の刺傷をどうするか

  • 2021-10-26 07:15:01
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 有毒な魚の刺傷の原因、有毒な魚の刺傷の原因は何ですか
  2. 毒魚の刺傷を防ぐ方法と毒魚の刺傷に対する看護措置

有毒な魚の刺し傷の診断と治療の知識

治療科:皮膚科救急科治療費:市内上位3病院で約(500〜1000元)治療率:治療周期:治療法:漢方治療、西洋医学治療 毒魚の刺傷の一般的な治療

一つ、治療

治療により患部を持ち上げ、創傷近位端の皮下注射に1ml(0.03〜0.06g)の塩酸エメチン注射(0.03〜0.06g)を使用します。数分で痛みを和らげることができます。弱アルカリ性の体は、傷口をきれいにし、二次感染を防ぐためにも使用できます。対応する治療は重症患者に与えられるべきです。

2.予後

重症の場合は、嘔吐、腹痛、大量の発汗、虚脱、不整脈、さらには全身性の筋肉麻痺による死亡を伴うことがあります。

症候群の分化と有毒魚の刺し傷の治療

治療は、血液循環の促進、うっ血の除去、腫れの軽減に基づいて行う必要があり、フランキンセンス、ミルラ、アンジェリカの尾をそれぞれ10g煎じることができます。サンシチニンジンパウダーを外用します。

  1. 有毒な魚の刺し傷の合併症、有毒な魚の刺し傷はどのような病気を引き起こすのか
  2. 有毒な魚の刺傷の症状、初期の症状および有毒な魚の刺傷の兆候
  3. 有毒な魚の刺傷の看護-ケアの注意-食事のタブー
  4. 有毒な魚の刺傷の紹介-症状-治療-ケア-ダイエット
  5. 有毒な魚の刺傷を診断して区別する方法
分類

お問い合わせ