染色体異常をどう予防するか、染色体異常のケア策

染色体異常をどう予防するか、染色体異常のケア策

  • 2021-09-11 07:32:36
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 染色体異常の症状、初期の染色体異常の症状、バイタルサイン
  2. 染色体異常受診の手引き−染色体異常

染色体異常予防

染色体異常予防

染色体発育不全の治療は困難で、治療効果が満足できないため、予防は特に重要である。予防対策は婚姻検査、遺伝カウンセリング、染色体検査、出生前診断を推進し、患児が生まれる危険があれば、選択的に人工妊娠中絶などの措置を講じ、患児の出生を防ぐことができる。

重症奇形を合併する21-トリソミー症候群の予後は不良であり、多くは死産死産あるいは新生死亡である。生存患児のIQは明らかに正常より低く、生活は自立できない。そのため、生気がある前に診断し、選択的に妊娠を中止することができる。

  1. 染色体異常のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  2. 染色体異常の合併症、染色体異常がどんな病気を引き起こすのか
  3. 染色体異常の検査、染色体異常の診断
  4. 染色体異常の治療方法、染色体異常の治療方法、染色体異常の薬
  5. 染色体異常の紹介−症状−治療−看護−食事
分類

お問い合わせ