染色体異常の治療方法、染色体異常の治療方法、染色体異常の薬

染色体異常の治療方法、染色体異常の治療方法、染色体異常の薬

  • 2021-09-11 07:34:05
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 染色体異常の食事、食事療法、染色体異常は何を食べればいいのか
  2. 染色体異常をどう予防するか、染色体異常のケア策

染色体異常の診療知識

受診科:生殖健康治療費用:市三甲病院約(10000-20000元)治癒率:治療周期:治療方法:漢方医薬物治療、西洋医薬物治療、リハビリテーション訓練、器官奇形矯正染色体異常の一般治療

染色体異常の西洋医学的治療

一、治療

染色体発育不全の治療は困難で、治療効果が満足できないため、予防は特に重要である。予防対策は婚姻検査、遺伝カウンセリング、染色体検査、出生前診断を推進し、患児が生まれる危険があれば、選択的に人工妊娠中絶などの措置を講じ、患児の出生を防ぐことができる。重症奇形を合併する21-トリソミー症候群の予後は不良であり、多くは死産死産あるいは新生死亡である。生存患児のIQは明らかに正常より低く、生活は自立できない。そのため、出産前に診断を行い、選択的に妊娠を中止することができる。

現在、治療は症状の治療と器官奇形の矯正を主とし、遺伝子治療、細胞治療、代替治療も発展中である。しかし染色体異常の治療は困難で、治療効果が満足できないため、先天性知能障害の治療にもまだ有効な薬物がなく、漢方薬或いはリハビリテーション訓練を試みることができる。

二、予後

異なるタイプの染色体発育不全の予後は異なり、多くの予後は不良である。知能低下と成長発育遅滞は染色体病の共通の特徴である。

  1. 染色体異常のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  2. 染色体異常の合併症、染色体異常がどんな病気を引き起こすのか
  3. 染色体異常の検査、染色体異常の診断
  4. 染色体異常の症状、初期の染色体異常の症状、バイタルサイン
  5. 染色体異常の紹介−症状−治療−看護−食事
分類

お問い合わせ