染色体異常受診の手引き−染色体異常

染色体異常受診の手引き−染色体異常

  • 2021-09-11 07:34:38
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 染色体異常のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  2. 染色体異常の合併症、染色体異常がどんな病気を引き起こすのか
染色体異常受診コンパスは染色体異常患者が病院を受診する時に現れる疑問に対して解答を行い、例えば:染色体異常は何科の番号をかけますか?染色体異常検査前の注意点は?医者は普通何を聞きますか。染色体異常はどのような検査をしますか。染色体異常検査の結果はどう見ますか。待ってくれ。染色体異常受診ガイドラインは染色体異常患者の受診を便利にし、染色体異常患者の受診時の疑惑問題を解決することを目的としている。
典型的な症状
舌を伸ばすような痴呆、小指の単一ひだ、皮質性忘却
診療科の受診を勧める
生殖健康
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は1日、再診は半日ずつ予約する
再診頻度/診療期間
外来治療:毎週再診し発育回復後、不調を伴う。重症者は入院治療が必要で、精神が正常になった後、外来治療に移る。
診察前の準備
特別な要求はなく、注意して休む。
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、発達遅滞などに伴う症状がある?
4、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査の結果は何ですか。
5、治療の様子はどうですか?
6、薬物アレルギー歴はありますか?
7、家の中に染色体異常の患者はいますか?
重点点検項目
1.実験室検査
⒈Down症候群の血清学的検査によりセロトニンの低下、白血球中の塩基性、ホスファターゼの増加、赤血球二リン酸ブドウ糖の増加、過酸化物ジスムターゼの増加が50%増加したが、患者の発育異常と知能低下とは無関係であった。2、約1/3のDown症候群患児の母親は妊娠4〜6ケ月の時に血清フェトプロテインの含有量が高くなり、血清絨毛ゴナドトロピンの含有量が高くなり、エストラジオールの含有量が低くなり、胎児Down症候群の検査結果を提示できる。陽性妊婦は羊膜嚢穿刺を行い、患者の羊水細胞あるいは染色体を検査・測定する。
2.その他の補助検査
妊婦は羊膜嚢穿刺により羊水細胞染色体異常を発見することができ、Down症候群患児及びその他の染色体発育不全を早期にスクリーニングすることができる。染色体検査は蛍光インサイチュハイブリダイゼーション技術(fluorescentinsituhybridizationtechnique)により患者の羊水細胞或いは染色体を検査・測定することができ、例えばDown症候群は21番染色体が3倍体であることを発見することができる。
しんだんきじゅん
主に患児の特徴的な症状、バイタルサイン及び染色体検査により、染色体異常を検出すると確定診断できる。


  1. 染色体異常の検査、染色体異常の診断
  2. 染色体異常の治療方法、染色体異常の治療方法、染色体異常の薬
  3. 染色体異常の症状、初期の染色体異常の症状、バイタルサイン
  4. 染色体異常の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 染色体異常の食事、食事療法、染色体異常は何を食べればいいのか

お問い合わせ