梅毒性角膜病変の治療方法、梅毒性角膜病変の治療方法、梅毒性角膜病変の薬

梅毒性角膜病変の治療方法、梅毒性角膜病変の治療方法、梅毒性角膜病変の薬

  • 2021-08-14 23:25:01
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 梅毒性角膜病変の原因、梅毒性角膜病変にはどのような原因があるのか
  2. 梅毒性角膜病変を予防するにはどうすればよいか、梅毒性角膜病変のケア策

梅毒性角膜病変の診療知識

受診科:眼科性病科治療費用:市三病院約5000-10000治癒率:治療周期:治療方法:薬物治療、局部治療梅毒性角膜病変の一般的治療

一、治療:

1.全身梅毒駆除治療成人後の天性梅毒はペニシリンGの筋注或いは静注を常用し、同時にプロスルホキシルを内服する。治療は10〜15日間続く。先天性梅毒の常用薬は、ピニシリン、ペニシリンGで、10日間連続であった。

2.グルココルチコイド治療プレドニゾン経口投与。

3.局所治療にグルココルチコイド点眼を応用すると、炎症を明らかに抑制し、病気の経過を短縮し、視力を回復することができる。必要な場合は結膜下注射が可能であるが、比較的に長い時間をかけて治療を続ける必要がある。角膜炎後に残された斑影に対して、透過性角膜移植術を行うことを考慮することができる。

二、予後:

1.生涯のフォローアップが必要で、治療期間が比較的に長く、有効な治療により有用視力を保護することができる。

  1. 梅毒性角膜病変のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 梅毒性角膜病変の合併症、梅毒性角膜病変はどんな病気を引き起こすのか
  3. 梅毒性角膜病変の検査、梅毒性角膜病変の診断
  4. 梅毒性角膜病変の症状、梅毒性角膜病変の早期症状、バイタルサイン
  5. 梅毒性角膜病変の紹介−症状−治療−ケア−食事

お問い合わせ