梅毒性角膜病変の検査、梅毒性角膜病変の診断

梅毒性角膜病変の検査、梅毒性角膜病変の診断

  • 2021-08-14 23:25:17
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 梅毒性角膜病変の症状、梅毒性角膜病変の早期症状、バイタルサイン
  2. 梅毒性角膜病変の合併症、梅毒性角膜病変はどんな病気を引き起こすのか

梅毒性角膜病変の一般的検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
脳脊髄液検査、化学検査、蛋白検査頭蓋血液血管血液脳脊髄蛋白...
梅毒血清試験血液血管伝染科特需病棟梅毒血清検査...
蛍光トレポネーマ抗体血液血管血液性病保健課蛍光トレポネーマ...
角膜顕微鏡眼科の五感角膜顕微鏡対...
RPR皮膚血液血管皮膚病血漿反応が速い...
一、検査:

1.ラピッド血漿反応素(rapid plasma reagin,RPR)試験:VDRL試験の改良法であり、血漿が使用可能である。原理は未処理の薬用炭素粒子(直径3〜5μm)でVDRL抗原を吸着することである。この顆粒が被検血清中の反応素と結合すると黒色の凝集塊を形成し、肉眼で識別でき、低倍鏡観察を必要としない。試験は専用紙カードの反応サークル(内径18mm)内で行った。この試験は感受性が高く、一定の特異性があり、しかも経済的、便利、快速、大規模スクリーニングに適し、定性或いは半定量ができる。

2.脳脊髄液検査:神経梅毒に用いることができる。

3.組織病理検査:生体組織検査では組織中の梅毒トレポネーマが発見されることがあり、好銀染色が多い。しかし染色後の菌体は弾性繊維と混同しやすく、特殊な免疫蛍光或いは免疫ペルオキシダーゼで染色することができるが、標本は冷凍されない。

4.暗視野顕微鏡検査:一期、二期梅毒と早期先天性梅毒は暗視野顕微鏡を用いて皮膚損傷分泌物中の青白いトレポネーマを検査し、陽性者は規則的な螺旋運動の病原体を見なければならない。暗視野検査を簡便、迅速かつ正確に行う。一箇所の皮膚損傷は連続3回の検査後も梅毒トレポネーマを発見しなければ陰性と判定することができない。暗視野顕微鏡検査法は口腔粘膜の損傷に適さず、顕微鏡下で見られる梅毒トレポネーマは口腔内の非病原性トレポネーマと区別できないためである。検査前の皮膚損傷部位に抗生物質を外用しないか、抗生物質を含む生理食塩水を検査のキャリア液として使用しなければならないことに注意すべきである。検体中の既に死亡した梅毒トレポネーマは、直接または間接免疫蛍光染色または免疫ペルオキシダーゼ染色法により識別することができる。

5.血清学的検査はすなわち康-華氏反応:病巣から採取し、光学顕微鏡暗視野油鏡下でトレポネーマを検査した。房水、硝子体を採取し、フルオレセイン標識抗体を直接染色し、蛍光顕微鏡でスピロヘータを検査した。

  1. 梅毒性角膜病変を予防するにはどうすればよいか、梅毒性角膜病変のケア策
  2. 梅毒性角膜病変の診断と鑑別−梅毒性角膜病変の紛らわしい疾患−
  3. 梅毒性角膜病変の治療方法、梅毒性角膜病変の治療方法、梅毒性角膜病変の薬
  4. 梅毒性角膜病変のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  5. 梅毒性角膜病変の食事、食事療法、梅毒性角膜病変は何を食べればいいのか

お問い合わせ