梅毒性角膜病変の食事、食事療法、梅毒性角膜病変は何を食べればいいのか

梅毒性角膜病変の食事、食事療法、梅毒性角膜病変は何を食べればいいのか

  • 2021-08-14 23:25:46
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 梅毒性角膜病変のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 梅毒性角膜病変の症状、梅毒性角膜病変の早期症状、バイタルサイン

梅毒性角膜病変の飲食は禁物

適切な食事:1、ビタミンAを豊富に含む食品を食べるべきです。2、ビタミンCを含む食品。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
にんじんのピューレビタミンAを豊富に含み、上皮組織の正常な機能と構造の完備を維持し、成長と発育を促進するために重要な役割を果たしている。ブロッコリーやパクチーなどが食べられる。
ぶどうビタミンCが豊富に含まれていることは皮膚損傷の修復に役立つ。適量で炒めることができる
トマトビタミンCが豊富で、免疫力を高めることができます。適量
食事の禁忌:1、動物の脂肪、甘いものを少なめに食べるべきです。2、およびスパイシーで刺激的な食品。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
ピーマン湿気を助けて熱を発生させることができ、疾病の治療に不利である。料理は脂っこいのはよくない。
唐辛子辛熱は陰を傷つけ、病気の治療に不利である.。コショウやわさびなども避ける。
白酒辛熱温散は、病気の治療に不利である。禁烟と禁酒はとても健康的な養生方法で、合理的な食事はとても重要です。
梅毒性角膜病変の食事の原則

一、適切な食物

1、ビタミンAを豊富に含む食品はニンジン、ホウレンソウ、キャベツ、ニラ、アマランサス、ブロッコリー、空心菜、カラシナ、アルファルファ、馬蘭頭、金針菜、フェンネル、パクチー、芥子藍、杏など。

2、ビタミンB6は脂肪や脂肪酸の合成を調節し、皮脂分泌を抑え、毛髪の再生を刺激する重要な作用があります。

3、ビタミンB6が豊富な食べ物には、ジャガイモ、そら豆、青魚、みかん、ごまなどがあります。

二、食物に適さない

1、動物性脂肪、甘いもの及び辛くて刺激的なものは控えなければならない。

2、酒とたばこをやめる。

  1. 梅毒性角膜病変の原因、梅毒性角膜病変にはどのような原因があるのか
  2. 梅毒性角膜病変の合併症、梅毒性角膜病変はどんな病気を引き起こすのか
  3. 梅毒性角膜病変の検査、梅毒性角膜病変の診断
  4. 梅毒性角膜病変の治療方法、梅毒性角膜病変の治療方法、梅毒性角膜病変の薬
  5. 梅毒性角膜病変の紹介−症状−治療−ケア−食事

お問い合わせ