梅毒性角膜病変の症状、梅毒性角膜病変の早期症状、バイタルサイン

梅毒性角膜病変の症状、梅毒性角膜病変の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-14 23:23:57
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 梅毒性角膜病変のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 梅毒性角膜病変の紹介−症状−治療−ケア−食事

梅毒性角膜

早期症状:上方角膜周辺部、基質は霧状混濁を呈し軽度浮腫し、少量の微細角膜後沈着物が1〜2週間で進行期に進行した。

末期症状:全角膜基質混濁、浅層基質に新生血管が密集し、表層は肩章のように角膜縁を越え、深層はブラシ状ほうきのように板層に入る。角膜は暗赤色を呈し、眼内の様子は見えなかった。

関連症状:角膜混濁視覚障害涙溢れる

1.症状:

1.先天性梅毒性角膜基質炎両眼同時または相前後して発症する(間隔は数週間から数ヶ月)。臨床では4期に分けられる:

1)初期:症状は明らかではなかった。スリットランプ検査では上方角膜周辺部に基質が霧状に濁り、軽度の浮腫、少量の微細角膜後沈着物を認め、1〜2週間で進行期に発展した。

2)進行期:刺激症状が明らかで、50%以上の角膜上方周辺部に限局性、扇形血管翳性炎症性浸潤が出現し、基質深層に波及し、その後中心と全周に発展し、角膜はガラス様にぼやけ、ブラシ状新生血管が角膜板の間に成長し、虹彩毛様体炎の発生を伴い、数週間後にピーク期に入る。

3)ピーク期:全角膜基質は混濁し、浅層基質は新生血管を密集し、表層は肩章のように角膜縁を越え、深層はブラシ状、ほうき状に板層に入る。角膜は暗赤色を呈し、眼内の様子は見えなかった。2~4カ月続く。

4)退行期:炎症は緩慢に減退し、周辺部から上皮層と浅基質層は次第に清明であったが、中、深基質層は混濁していた。びまん性雲影と血管影は一生存在することができる。角膜の後に管状、稜状、網状あるいは膜状のガラス様縞が見られる。数カ月から2年かけて行われた。

5)先天性梅毒は角膜基質炎以外に、馬鞍鼻、Hutchinson歯、軟口蓋裂、口角の荒れ性、額の膨張、馬刀状脛骨、神経性難聴などの他の先天性梅毒の徴候を合併することがよくある。

2.獲得性梅毒角膜基質炎(acquired syphilitic parenchymatous keratitis)後天的梅毒による角膜基質炎は、臨床上:潜伏期(1期)、汎発期(2期)と末期(3期)に分けられる。獲得性角膜基質炎は汎発期によく見られ、末期にも見られるが、まれである。炎症反応は先天性梅毒角膜基質炎より軽く、角膜のある象限を侵すことが多く、良性の傾向があり、前部ブドウ膜炎を伴う。患者は比較的に高齢で、梅毒の病歴があり、血清康-華氏反応陽性であった。

眼部と角膜の表現と全身のバイタルサイン、性乱史、患者或いは患児の両親の性病歴などを結合して初歩的に診断する。

  1. 梅毒性角膜病変の原因、梅毒性角膜病変にはどのような原因があるのか
  2. 梅毒性角膜病変の合併症、梅毒性角膜病変はどんな病気を引き起こすのか
  3. 梅毒性角膜病変の検査、梅毒性角膜病変の診断
  4. 梅毒性角膜病変の治療方法、梅毒性角膜病変の治療方法、梅毒性角膜病変の薬
  5. 梅毒性角膜病変の診断と鑑別−梅毒性角膜病変の紛らわしい疾患−

お問い合わせ