歯を折った食事、食事療法、歯を折って何を食べたらいいのか

歯を折った食事、食事療法、歯を折って何を食べたらいいのか

  • 2021-08-15 04:06:24
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 歯が折れる原因、歯が折れることにはどのような原因があるのか
  2. 歯の折れを防ぐにはどうすればいいか、歯の折れのケア策

歯が折れる飲食は禁物である

適切な食事:1.カルシウムの高い食品を食べるべきです;、2.蛋白質が豊富な食品を食べるべきである、3.ビタミンDの含有量が高い食品を食べるのがよい。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
ミルクたんぱく質が豊富で、カルシウムが豊富なので、歯のカルシウム沈着に有利です。250~500mlはそのまま飲む。熱い飲み物がいい
精白した赤身の肉タンパク質が豊富で、生体の免疫機能を増加させ、組織の免疫状態を改善することができる。1~2個蒸して芙蓉卵にして食べる。
いかアミノ酸、亜鉛は非常に豊富で、体の免疫状態を改善し、組織の癒合を促進する。50g水に浸してから食べる。
飲食の禁忌:1.炭酸含有量の高い食品を食べることを禁じる;、2.酸性の強い食べ物を食べるのは禁物です;、3.粗雑なものは禁物です。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
ビンロウジセルロースが豊富に含まれており、歯の表面の代謝物の排泄を促進するが、歯の表面の摩擦を悪化させ、歯折れの症状を悪化させることができる。バナナのような柔らかい果物が食べられます。
サトウキビ豊富なセルロースを含んで、歯と歯茎の摩擦を加重して、組織の損傷を加重することができます。梨やリンゴなどの果物が食べられます。
コーラ炭酸飲料で、歯の組織を破壊することがあります。炭酸が入っていない飲み物を食べるのがよい。
歯折食の原則

歯を守る体に良い食べ物は何ですか?

1)お茶:お茶の中に含まれるフッ素と歯の中のアパタイト結核、抗酸や虫歯の効果があります。中でもウーロン茶と緑茶のフッ素含有量が最も高い。中に含まれるポリフェノール類は30種類以上の物質からなる複合体で、消毒、殺菌の効果があり、口腔内の虫歯の原因となるストレプトコッカス・ミュータンスを減らすことができ、歯を固定する作用がある。お茶をよく飲むことで、口腔内の水と液体の流動量が増え、口腔衛生が保たれます。茶葉に含まれる糖類やペクチンなどの成分が唾液と化学反応を起こし、口を潤して自浄能力を高める。茶葉をかむことで歯ぐきからの出血も治る。ただし、よく噛むときは、茶葉を口の中で磨いて微粉末にしてから、唾液で飲み込むようにして、よく噛むように注意してください。

2)たまねぎ:たまねぎ、特に新鮮な生たまねぎは多くの細菌を殺すことができて、その中に私達の虫歯の原因になる変形連鎖球菌を含む。

3)シイタケ:シイタケに含まれるシイタケ多糖体は、口の中の細菌によるプラークの生成を抑制する。

4)わさび:わさびには虫歯の原因となるストレプトコッカス・ミュータンスの増殖を抑える成分が含まれている。

5)セロリ:粗い繊維の食物は、歯の食物残渣の一部を掃除することができる。また、むずむずして噛むことで唾液の分泌が刺激され、口腔内の酸や塩基のバランスがとれ、自然な抗菌効果が得られます。セロリのほか、短冊状に切った小さなキュウリやニンジンも歯ぐきをマッサージする効果がある。

6)水を飲むことは、歯を守る最も簡単な方法ですが、大切な方法です。適量の水を飲めば歯ぐきを潤し粉末唾液を刺激する。食べた後に水を飲むことで、口に残った食べ物の残りかすを取っていき、歯を壊す細菌が養分を得ないようにすることができます。

7)無糖ガム。「キシリトール」を添加した無糖チューインガムをかむと、虫歯の原因となる細菌を抑える効果が大きい。

(以上の資料は参考までです。詳細は医師にお問い合わせください)

  1. 歯が折れる合併症、歯が折れるとどんな病気になるのか
  2. 歯が折れる症状、歯が折れる早期症状、バイタルサイン
  3. 歯の折損検査、歯の折損診断
  4. 歯折のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  5. 歯折の診断・鑑別-歯折は紛らわしい疾患
分類

お問い合わせ