歯が折れる症状、歯が折れる早期症状、バイタルサイン

歯が折れる症状、歯が折れる早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-15 04:04:17
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 歯折紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 歯が折れる合併症、歯が折れるとどんな病気になるのか

歯折症状

典型的な症状:歯がぐらつく、叩く痛み、歯髄露出、咀嚼痛など

関連症状:歯体損傷歯の緩みと脱落

一、症状

1.歯冠折傷歴があり、歯冠部エナメル質象牙質折裂、もし髄が露出していなければ歯の敏感な症状だけがある.すでに髄を露出している者はピンク色の穿髄点の中に出血点が見られ、探の痛みは明らかである。

2.根折は創傷の歴史があり、歯はある程度の痛みと緩みがあり、歯の頚部に近いほど痛みと緩みが明らかである.レントゲン写真による診断を行うことができる。

3.多くの歯髄暴露と明らかな咬合痛があります。X線検査と透照法はそれぞれ診断を助けることができます。

分離:

歯の解剖部位によって冠折、根折と冠根連合折の3型に分けられる。その損傷と歯髄の関係については、歯折は露出髄と未露出髄の2種類に大別される。

1.冠折りはまた横折りと斜め折りに分けることができる;、後歯冠折曲は斜め折曲と縦折曲に分けることができる(図3A)。

2.根折外傷性根折は歯根が完全に形成された成人歯に多く見られ、若い永久歯の支持組織は歯根形成後より強固ではないため、外傷時にしばしば引き裂かれたり脱臼され、通常は根折を引き起こさない。根折れを起こす上力は直撃や顔面着地時のものが多い。根折はその部位によって頸側1/3、根中1/3と根尖1/3に分けられる(図3B)。最も多いのは根尖1/3であった。その折れ線は歯の長軸と垂直あるいは一定の傾斜度があり、外傷性縦折れ線はまれである。X線検査は根折診断の重要な根拠であるが、根折症例のすべてを示すことはできない。撮影時に中心線と折れ線が一致しなければならず、或いは平行でなければならない時、X線の上に折れ線を表示することができる、中心線と折れ線との角度が正、負の15°〜20°より大きい場合には、折れ線を観察することは困難である。同時に、中心線に相当する箇所の鉱物成分が6.6%以下減少した場合にのみ、疎領域をX線写真上で観察することができる。X線写真は根折の診断に役立つだけでなく、再検査時の比較にも便利である。一部の患歯は受診時、歯髄活力テストでは反応がないが、6〜8週間後に反応が現れる。無気力反応は歯髄が外傷の際に血管や神経が損傷を受けることで起きる「ショック」によるものと推測されている、その「ショック」の回復に伴って活力反応が現れた。

根折永久歯の歯髄壊死率は20%〜24%であるのに対し、根折外傷なし永久歯の歯髄壊死率は38%〜59%であり、その差は根折端の隙間が歯髄炎のドレナージに有利であるためと考えられる。根を折った後に歯髄壊死が発生するかどうかは主に受けた創傷の深刻度、断端の転位情況と冠側段の動度などの要素に依存する。根を折る時に歯が緩み、叩く痛みがあり、例えば、冠側断端の転位は歯肉溝の出血、根の粘膜の触痛などがある。一部の根折早期には明らかな症状がなく、数日あるいは数週間後に徐々に症状が現れ、これは浮腫と咬合による根折端の分離によるものである。

3.冠根折は歯外傷総数の一部を占め、斜行による冠根折が多く見られ、歯髄は常に露出していた。

4.縦折は奥歯に多く見られ、第一大臼歯の発生率が最も高く、第二大臼歯がそれに次いで、説明力が原因の主な要因であった。また、無髄歯や歯体欠損が大きいものでは、その発生率は80%以上であった。

縦折りの直接誘因には、硬いものを噛むことが大きな割合を占めていた。

歯を縦に折った場合、最も顕著な症状は咀嚼痛、次いで伸長感であった。歯根を縦に折った者には濃淡の異なる歯周ポケットがあり、レントゲン写真は診断を補助する。

  1. 歯が折れる原因、歯が折れることにはどのような原因があるのか
  2. 歯の折れを防ぐにはどうすればいいか、歯の折れのケア策
  3. 歯の折損検査、歯の折損診断
  4. 歯を折った食事、食事療法、歯を折って何を食べたらいいのか
  5. 歯折のケア−ケアの注意点−食事のタブー

お問い合わせ